« オーストリアのパン食文化 | Main | 第5回モンディアル・デュ・パン 日本代表決定 »

September 29, 2014

ベッカライ・ビオブロートのパン

Dscn0295

いつも行くパン屋さんで、『ベッカライ・ビオブロートのパン』松崎太 著(柴田書店)をぜひ読んで、と薦められ、帰りに本屋さんに直行して買って帰った。

前半はベッカライ・ビオブロートの職人、松崎さんがパン職人になるまでの話。
彼自身が書いている。

「今後の人生の大半は仕事をして生きていくのに、それが楽しくなかったら、本当にやりたいものでなかったら、人生そのものがつまらなくなることが、働いてみてやっとわかった」と彼はいう。

そしてひとつのこと、すなわちパンを焼くことを究め、ドイツでマイスターの資格を取得する。さまざまな人に会い、その仕事のしかたを学んでいく。古本屋に通い、古い原書からも学ぶ。いにしえの人からも学ぶのだ。

尊敬できる人とも出会う。ただ真似をしたところでそれは借り物でしかない、と自覚している。

「たとえどんなに頼りなくても、僕は自分の考えでやってゆかねばならないと感じていた」。

まだ前半までしか読み終えていないけれども、この本は多くの方におすすめしたいと思った。
松崎さんの仕事に対する姿勢に強く惹かれた。

仕事で迷っている人に、読んでもらいたい本。

ベッカライ・ビオブロートはこんなお店です。
ベッカライ・ビオブロート(All About)

ベッカライ・ビオブロート取材の話(Bread Journal)

|

« オーストリアのパン食文化 | Main | 第5回モンディアル・デュ・パン 日本代表決定 »

information」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オーストリアのパン食文化 | Main | 第5回モンディアル・デュ・パン 日本代表決定 »