« 朝日カルチャー「パン焼き小屋ツオップとライ麦パンの魅力」 | Main | 大雪の翌日は熱々のナンで »

February 08, 2014

神戸屋シルフィー 丸の内

神戸屋シルフィーが大阪店についで関東初となる店舗を丸の内PCP(パシフィックセンチュリープレイス)のPAUL跡地にオープンした。もとの扉は使えずに残念だが、天井が高くひろびろとして明るい。

Dscn8397

「窯出しパン」(480円)なる食べ放題の10種類のパンは神戸屋キッチンなどでも店頭で表示しているように、イーストフード(イーストではなく、イーストの発酵活動を促進する添加物のこと)と乳化剤を使用しないということに力を入れている。自家製レーズン酵母のみを使用した特許製法だそうで、オリジナルで開発したトンネルオーブンで、通常では数十分かかるパンの焼き時間を3~5分に短縮してスピード化を図っている。丸の内にお勤めの方のランチ需要を考えると、スピードは大事な要素なのかもしれない。

Dscn8387

写真は「天草さくら鯛とあさりのボッリート」(税抜1300円)とメニューに「あなただけに焼き上げます おいしさまでの15分」と書いてあった「熱々バゲット」オリーブオイル、はちみつ、生ハム、チーズ、オリーブ付き(税抜880円)。時間のかかるパンを頼んでみたが、断面に焼き色がついているのはなぜかよくわからなかった。機会があれば聞いてみようと思う。

神戸屋シルフィー グランアージュ丸の内店
所在地 千代田区丸の内1-11-1 PCP丸の内1F
電話 03-5224-6990
営業時間 7:30~22:00 9:00~20:00(土日祝)

Dscn8389


|

« 朝日カルチャー「パン焼き小屋ツオップとライ麦パンの魅力」 | Main | 大雪の翌日は熱々のナンで »

NEWS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 朝日カルチャー「パン焼き小屋ツオップとライ麦パンの魅力」 | Main | 大雪の翌日は熱々のナンで »