« イングリッシュマフィン | Main | 辻静雄生誕80周年記念 第4回辻静雄食文化賞 »

May 24, 2013

ダンディゾン再訪

Dsc_0412

10年後に、という名を冠してスタートしたダンディゾン。
10周年を迎えたら、厨房の壁時計が床に落ちて割れた。

でも、大丈夫。パンを焼く木村昌之さんの体内にはより正確な時計がある。
時計だけではなくて、温度計も湿度計もある。
彼は数字に頼らないで、常にパンの状態を肌で感じている。

Dsc_0419

厨房は楽しげな表情が溢れていて、温かかった。
窯の温度で暖かいのではなく、共有できない情熱で暑苦しいのではなく
職人チームの醸しだす空気が、なにかとても心地よい温度だったのだ。

10周年を迎えたらもう片方の目も塗りつぶす予定だったダルマには
さらなる10年の願いが託されて、目の淵だけ線で描かれて
大事にされている。

大事にすると言えば、木村さんは20年も同じベルトを締めているから、
わたしは、17年目のTシャツを着て、正式に取材に出かけた。
いくつかの大切な質問を抱えて。

Dsc_0373

最近、10周年を迎えた店の取材が続く。
近いうちに、その素敵な感じを、文章にすると思う。


|

« イングリッシュマフィン | Main | 辻静雄生誕80周年記念 第4回辻静雄食文化賞 »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イングリッシュマフィン | Main | 辻静雄生誕80周年記念 第4回辻静雄食文化賞 »