« マントヴァのふたりの姫の運命とふたつのパン | Main | 悲しみのあとで »

April 01, 2013

バターのこと

個人的な嗜好として。

朝食はたいていパンを温めて、バターをつけて食べる。
バターはつめたいものが、温かなパンと体温によって、口の中で溶ける瞬間が好きだ。

バターが手に入らなければ、オリーブオイルをつける。
なにもつけないこともある。香りが大切なので、マーガリンは何十年も使っていない。

フレンチレストランでは、食事をおしまいまでちゃんと味わえるように
バターがあるときは、いつもより少しだけ控えめにつける。
パンもバターも最高のものが最高の状態で出てくることが多いので、
ちょっとだけ、困りながら(でもそういう贅沢は、年に数度あるかないかだ)。

シンプルでおいしいパンとバターがあれば、パンのバリエーションなんて
わたしには、そんなに必要ない、と思っている。

130401


|

« マントヴァのふたりの姫の運命とふたつのパン | Main | 悲しみのあとで »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マントヴァのふたりの姫の運命とふたつのパン | Main | 悲しみのあとで »