« 新しい靴をおろして、新しいパン屋さんへ行く。 | Main | ダンディゾンの10周年 »

April 09, 2013

百年前の京都で本物のパンを求めた人

老舗の多い京都。進々堂は今年100周年を迎えた。
その記念に作られた、小冊子が今、ここにある。
現社長の続木創さんにいただいたものだ。

Dscn1478

百年前の京都で本物のパンを求めた進々堂の創業者、続木斉さんは
大正13年(1924年)、船で2ヵ月かけて、日本人のパン屋さんとして
初めてパリに渡ったという。

1924年のパリ!(ウディ・アレンの「ミッドナイトインパリ」のBGMが聴こえてきそう......)

帰国後、パリっとした(駄洒落ではなく)堅焼きのパンを完成させ、
それをより多くの人に理解してもらうために、彼がとった手段は
なんと、自身の詩による広告だった。

「美はしきフランスパン」は1930年の新聞に掲載された詩。
その後も詩と短評を新聞広告として発表し続け、京都に本場のパンをひろめたのだそう。

Dscn1479

近々、続木さんのインタビューをさせていただくので、楽しみです。

『続木斉物語』は、進々堂のサイトで読むことができます。

|

« 新しい靴をおろして、新しいパン屋さんへ行く。 | Main | ダンディゾンの10周年 »

information」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新しい靴をおろして、新しいパン屋さんへ行く。 | Main | ダンディゾンの10周年 »