« 2013年、立春に思うこと。 | Main | ふぞろいのイチゴとバゲット »

February 08, 2013

3300円のパンが売れる理由

テレビ朝日スーパーJチャンネルに出演。
このデフレの時代に高くても売れるもの、最高級パンの通販専門店ルセットの
3斤3300円の@shokupanが売れるわけを説明しました。

パン業界に一石を投じた、ルセットのオープン当時の事情を知る者として
ディレクターとたくさん話をしました。数分の枠なのでカットされましたが、
大事なことはお伝えできたのではないかと思います。

3300円のパンが売れるのは何故か。

それは、ルセットがひとつのブランドを確立しているからだと、わたしは思いました。
ブランドものは、その価値を認める人であれば、高くても、買いますよね。

10数年も自らのパンを「最高級」と胸をはって言い続けているのです。
「最高級」であり続けるために、その裏にどれほどのご苦労があったことかと思います。
それが、一時のブームに終わらず、10数年続いていまも続行中であることに
拍手を送りたい。こういうパン屋さんもあるのだ、と思います。

わたし個人は、パンを日常の食べものと思っていて、ルセットの考えるような
「ハレの日」の食べものとは思ってないので、ブランドであっても、素材が高級でも
手間ひまがかかっていても、おいしくても、なかなか3300円は出せない。
どんなに高級と言われても、わたしにとってのパンの価格としては、高すぎます。

でも、こんな考え方はある、と思います。
週末に、二人でちょっと素敵なカフェでランチをして、ひとり1500円、ふたりで3000円。
そのかわりに1週間、ふたりで毎朝一枚ずつ、おいしいトーストを食べる。
それは、等価といえるかもしれない。

週に一度の豪華なランチよりも毎日のおいしいコーヒーとパン、という考えかたです。
それならいいと、わたしは考えています。

最高級パン専門店 recette

|

« 2013年、立春に思うこと。 | Main | ふぞろいのイチゴとバゲット »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2013年、立春に思うこと。 | Main | ふぞろいのイチゴとバゲット »