«  『パンづくりの科学』 | Main | チキンと野菜のサンドイッチ »

October 13, 2012

石川県のこだわりパングランプリ

石川県のこだわりパングランプリの第一次審査会で金沢へ。
石川県産の食材を使用したご当地パンの数々を審査しました。

珠洲の塩、能登の豚、加賀蓮根、白山の米粉、大野醤油、五郎島金時、
輪島のあおさ、とうがらし、中島菜、金時草、金沢産ゆきちから(小麦粉)、
美川のいわしのぬか漬け、中能登の古代米、ころ柿、打木甘栗かぼちゃ、
能登の卵、能登大納言小豆等々。

初めて出合う食材もあり、興味深かったです。

Diary1210121

8作品が第一次審査を通過、最終審査は11月10日、石川のこだわり商品フェア
の会場にて消費者の投票によって決定します。

石川県産のパン用小麦粉があるのを知りました。それなら、こういうとき、
当然使ってみてほしいと思います。
パンは本来、小麦粉が主体であるべき食べ物だから。

ともに審査を行った株式会社ル・スティルの西川隆博さんも、
日本では実際にはなかなか難しいけれども「ご当地パン」は
それぞれの土地の小麦粉を使ったパンでできたら本当は一番いい、
と言っておられました。本当にそうです。

石川県には初めて行きましたが、自然も食材も工芸品も文化的な施設も
魅力にあふれていました。またいつか訪れたいと思います。

Diary1210122


|

«  『パンづくりの科学』 | Main | チキンと野菜のサンドイッチ »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  『パンづくりの科学』 | Main | チキンと野菜のサンドイッチ »