« 国産小麦は地域の魅力になれる | Main | Cuisine[s] Michel Troisgrosとパン »

September 26, 2012

palaoa

Diary1209251jpg

新鎌ケ谷に移転したpalaoaの記事を書きました。

Diary1209253jpg

パンを発酵させる、ゆったりとした時間が流れるお店。

取材の日が9月なのに入道雲が広がる真夏のようなお天気だったこと。
ココナツミルクの香りのマラサダドーナツを、その空の下で食べたこと。
職人、池口康雄さんのお嬢さん(とびきりキュートなフラガール!)にお会いしたこと。
製造&販売スタッフの皆さんのあかるい笑顔。

などから、わたしのなかでpalaoaは気持ちのいいハワイのイメージです。
(実は、ハワイには行ったことがないのだけれど)。

palaoa【新鎌ケ谷】


さて、palaoaでは製造と販売のスタッフを募集しています。
詳細とお問い合わせは、palaoaまで。


Diary1209252jpg


|

« 国産小麦は地域の魅力になれる | Main | Cuisine[s] Michel Troisgrosとパン »

information」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国産小麦は地域の魅力になれる | Main | Cuisine[s] Michel Troisgrosとパン »