« ミッシェル・トロワグロさんのパン時間 | Main | パンの文化研究者、舟田詠子さん講演会 »

September 21, 2012

FAUCHON LA BOULANGERIE 秋冬コレクション

Dscn6582

2012年10月、日本上陸40周年を迎えるフォションの日本×フランスのマリアージュ的な新商品がフランス大使館で発表されました。

2008年にパリ本店でエクレアウィークエンドというフェアが始ってから、2日で5000本販売するなど、その美しく斬新なデザインのエクレアに注目が集まるフォション。ブリジッド・バルドーや日本の浮世絵がプリントされたエクレアが話題になりましたが、10月17日から葛飾北斎の富嶽三十六景(カスタードクリームにエシレバター)やモナリザ(アーモンドミルク入りチョコレートクリーム)のエクレアが店頭に並びます。

Dscn6581_2

さて、パンはといえば、昨年のクロワッサン・ティグレのビジュアル的な衝撃が、記憶に新しいところ。

今年はティグレ(虎)からレオパール(豹)へ。
カボチャ×抹茶×クレームダマンド、カボチャ×マロンペースト×クレームダマンドのクロワッサンが9月26日から販売されます。(252円)。

Cutcampagneaulevain2

わたしの注目はCampagne aulevain et miso rouge(カンパーニュ・オ・ルヴァン・エ・ミソ・ルージュ)(1050円)。
10月10日から発売です。

フランスの小麦粉、水、塩に八丁味噌を加えたカンパーニュ。「味噌と言ってもただの味噌じゃないですよ、八丁味噌です」とフォションのエグゼクティブシェフのニコラ・ジャンベールさん。味噌にも塩分があるので、製パン的にはその調整が大変だったそうですが、フランス人になくてはならない日々のパンと日本人の日々の味噌、同じ発酵食品同士のマリアージュ、なのだそうです。香りがとてもいい。おすすめいただいたサーモンや無塩バターとの相性抜群、と思いました。

赤味噌はミソ・ルージュなんだね、と意識したらふっと思い出したのは、今とてもホットなパン屋さん、ゴントラン シェリエ。彼もパン オ セーグル オ ミソ、を作っていましたね。フランス人に味噌パンブームかも?

|

« ミッシェル・トロワグロさんのパン時間 | Main | パンの文化研究者、舟田詠子さん講演会 »

NEWS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ミッシェル・トロワグロさんのパン時間 | Main | パンの文化研究者、舟田詠子さん講演会 »