« 『茶懐石に学ぶ日日の料理』光と陰影、そして蜜香 | Main | Seasonal Taste »

July 04, 2012

伝えたいフランスの味、日本人ブーランジェの味

全国のドンクでフランスフェアが始まっています。

パンの世界大会で活躍した職人さんや各店チーフの職人さんたちによる
フランス伝統のパンにアレンジを加えたものに注目です。

Diary1207032

写真は1996のクープデュモンドで日本代表を務めた佐藤広樹さんによる
「コンテチーズのカンパーニュ」。
大好きなコンテが、軽すぎず重すぎない、ほどよい食感の
カンパーニュ生地のなかに。

Diary1207031

そしてドンク広島店チーフの藤崎さんの「ガレットオランジェ」。
クロワッサン生地で作られたクイニーアマンのガリリとした食感、
オレンジ入りの素敵なヴィエノワズリ。コーヒーに合います。

ほかにも岡田重雄さんによる「ごまと亜麻の実のバゲット」、
菊谷尚宏さんによる「パン・レジェール・オランジェ」、
西川正見さんによる「カレンズとクリームチーズのパン・オ・セーグル」
などなど。7月16日まで。

Diary1207033


|

« 『茶懐石に学ぶ日日の料理』光と陰影、そして蜜香 | Main | Seasonal Taste »

information」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『茶懐石に学ぶ日日の料理』光と陰影、そして蜜香 | Main | Seasonal Taste »