« a sandwich today's style | Main | パンと日々 »

June 25, 2012

日本のパンのトレンドと今後の展望

6月26日、製粉会館にてマスコミ向け講演をします。
「日本のパンのトレンドと今後の展望」
ただいま、最終準備中です。


日本語で2文字、英語、フランス語で4文字。
パンとひとことで言っても、ひとによって思いはそれぞれ。

パンはこういうときに食べる、こういうもの。
パンはいくらくらいするもの。

パンはかんたん、パンはむずかしい。

総務省の2011年家計調査で、パンへの支出が初めて、米を逆転。

それは、家でお米を炊かなくなったということなのかなとも
思ったり。

世界大会のパン、日本のご当地パン、All Aboutベストパン。
どれも一筋の、光の当たっているところ。

そこから心躍る、素敵なトピックスをさらに拡散していく。

そして、そのほかのひろいひろい影の部分に目を凝らす。
光をあてたい場所がまだまだある。

届いていないメッセージがたくさん、ある。

日本のパン食文化をゆたかにするために、
メディアの皆さんに、一緒にサポートしてほしい仕事があります。

Diary120625
タンカーで東京湾に運ばれてきた、砂のようにみえるのは玄麦。縦書きのコピーの小さな文字、「チカラを磨く」のフォントの大きさが、だいたい、トラックの大きさ。

|

« a sandwich today's style | Main | パンと日々 »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« a sandwich today's style | Main | パンと日々 »