« パンに合う羊羹 | Main | バゲットのハート »

June 04, 2012

三宿で取材を受ける

取材でした。受けるほうの。
取材をする側の者が、受ける側になると、
居心地はともかく、インタビューの勉強になります。
有り難いことです。

パン業界の出身でもパンマニアでもなく
会などに所属せずフリーで活動し、
ただ書きたいという一心で
ひとりひとりの職人さんに教わりながら、
独自の視点で書かせていただいて10数年。

10年前のわたしを知る職人、志賀勝栄さんは
わたしが心から尊敬する仕事人。
きょうは志賀さんにお願いをして、コメントをいただき、
シニフィアン・シニフィエにて撮影をさせていただきました。
この様子は来月あたりご報告できる予定です。

さて、このような日は当然、店は休業日。

仕事を終えたらパンを買って帰るのをたのしみにしていた
スタッフの皆さんの「きょうはおいしいパンを買って帰るのだ」
的な気持ちを、アルティザンテラで満たしていただくことにして
皆で楽しく買い物して別れたのでした……が。

ひとりになって東急フードショウに寄ってみると
あらあれはもしかして。シニフィアン・シニフィエ出店中。
志賀さんたら、何も言わないんだからもう!
(……もしやわたしが聞いていなかったのかもしれませんが)
というわけで、スタッフの皆さんには申し訳ないのだけれど、
わたしだけ、買うことができました。ごめんね。

渋谷東急フードショウでのシニフィアン・シニフィエの
期間限定出店は6日までです。

Diary120604
奥がアルティザン・テラ、手前がシニフィアン・シニフィエ。

|

« パンに合う羊羹 | Main | バゲットのハート »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パンに合う羊羹 | Main | バゲットのハート »