« コムギケーション倶楽部 | Main | 『茶懐石に学ぶ日日の料理』光と陰影、そして蜜香 »

June 30, 2012

ドミニク・サブロン2012夏のパン

ドミニク・サブロンでサブロンさんの来日を記念し
夏の新作パンが発表されました。

Diary1206302

トゥルトゥ・オ・キュリー(160円)はカレー風味のバゲット生地に
セレアルをまぶしたサンドイッチ向きのパン。

エスカルゴ・シトロン(280円)はレモンピールを巻き込んだ
クロワッサン生地にアイシングをかけたスイートなヴィエノワズリ。

この他、ビエノワ・クランベリー(120円)など、
サブロンさんプロデュースのパンも、定番生地にsomething goodを
プラスする日本的なセンスが感じられたりなどもして。

榎本哲さんプロデュースで注目はブリオッシュ・サレ(200円)。

Diary1206301

黒トリュフとブロックベーコンが入った小型ブリオッシュで
そっと温めて割ると、パフッとトリュフの香りがたちのぼる。

こんな贅沢な食材をふんだんに使って大丈夫?とお聞きすると
親会社のマキシムから良い素材が手に入るのだそうです。

もうひとつ、リュスティック・オランジュ(300円)は
オレンジとマリーゴールドの花の香る爽やかなリュスティックです。

ル ブーランジェ ドミニク・サブロン

Diary1206293

この後サブロンさんは帰国の途へ。

わたしは『茶懐石に学ぶ日日の料理』の後藤加寿子さんと
写真家の久保田康夫さんのお話を伺いに。

|

« コムギケーション倶楽部 | Main | 『茶懐石に学ぶ日日の料理』光と陰影、そして蜜香 »

information」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コムギケーション倶楽部 | Main | 『茶懐石に学ぶ日日の料理』光と陰影、そして蜜香 »