« ソロモン流@ドミニク・サブロン | Main | 百年「と」パン プライスカードの”パン文学”案内 »

February 24, 2012

レモンのパンとりんごのパン

Diary1202223

カットすると、レモンの香りがたちのぼった。
「白チョコレートとレモンのセーグル」は
赤のル・プチメックだけにあるパン。

「りんごとアールグレイのパン」の酵母種は
「りんごのタルト・フィン」で使うりんごから作られる。
料理にも、ハムやチーズのサンドイッチにもよさそう。
黒のル・プチメックだけにあるパン。

Diary1202224

印象に残った、その店だけのテイスト。

こういうものは、日本独特のパンかもしれない。
舶来ものにアレンジを加えるのが得意な
感性がゆたかで器用な手を持つ日本人ならではの。

「よくフランスそのまま、って言われますけど、こんなフランスないですよ。
パリやNYの日本料理店と一緒かもしれませんね。
凧や扇子飾ってあるベタな店なんて、日本にはそんなにないでしょう?
カイザーやVIRONがリアルフランスなら、僕らの店は日本人から見た
憧れのフランスかな」

と笑っていた、西山さんの言葉を思い出した。

|

« ソロモン流@ドミニク・サブロン | Main | 百年「と」パン プライスカードの”パン文学”案内 »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソロモン流@ドミニク・サブロン | Main | 百年「と」パン プライスカードの”パン文学”案内 »