« Le Petit Mec;le rouge et le noir | Main | アンデルセンでお急ぎランチ »

February 14, 2012

スマート珈琲店のサンドウィッチ

Diary120214


京都で食べたもののなかで、とくに印象に残る、
おいしいサンドウィッチがありました。

焼きたての荒熱のとれた食パンに、指の跡がつかないように
ていねいに、ていねいに、つくりたてのまだあたたかい
卵焼きと野菜を挟んだのでしょう。

その瞬間、どういう素材のパンだとか、誰が作ったとか、
もうどうでもよくなっていて、そのふわふわとした
やわらかさをただ、ただ、感じていた冬の朝のこと、
きっと10年後も、おぼえてると思うのです。

スマート珈琲店

|

« Le Petit Mec;le rouge et le noir | Main | アンデルセンでお急ぎランチ »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

子どもの頃、母が作ったたまごサンドの中身は、炒り卵をマヨネーズで和えたものでした。ゆで卵ではなく。しっとりして美味しかったな。
卵焼きをはさんだこのサンドイッチの、明るい黄色の切り口を見て、そんなことを思い出しました。

Posted by: すだち | February 15, 2012 at 08:35 AM

あたたかな思い出ですね。
わたしも、たまに炒り卵で作ります。

Posted by: MIHOKO | February 15, 2012 at 11:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Le Petit Mec;le rouge et le noir | Main | アンデルセンでお急ぎランチ »