« アンデルセンでお急ぎランチ | Main | アテスウェイの手土産 »

February 17, 2012

辻調<新>塾「地域と学校 エコール 辻 東京の取り組み」

Diary1202172

毎月参加することにしている辻調塾の今回の講師は
エコール辻東京副校長で、洋菓子主任教授の山崎正也先生。
こんな先生の授業を受けられる生徒さんは幸せに違いない、と思います。

学校と地域のさまざまな交流についてのお話のなかで
併設の「アトリエ 辻 東京」での販売実習のお話を
たいへん興味深く聞きました。

職人さんは厨房にこもるだけが仕事ではなくて、
独立開業してお店を持つこととなったら、お客さんとの
コミュニケーションも必要不可欠となってくるからです。

Diary1202174

知る人ぞ知るこのショップでは、曜日限定で一般向けに
お菓子だけでなくパンも販売されています。
山崎先生はいつもこのショップに立たれているそうです。
いつかぜひ行ってみたいと思います。

バゲット、パンオショコラ、創作ものでピスタチオの
クロワッサンオダマンドなど、どれもしっかりとおいしく。
お菓子はピュイダムール、フランボワーズのパリブレストなど
試食させていただきました。

Diary1202173

お会いできた皆さまに感謝。

まだうまく文章にでいないでいますが、ここ1年ほど、
わたしとパンの関わりは、さまざまな新しい交流を通じて
今までになかった感じで、ゆっくりと大きくひろがって
いるようです。

エコール辻東京

|

« アンデルセンでお急ぎランチ | Main | アテスウェイの手土産 »

REPORT」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アンデルセンでお急ぎランチ | Main | アテスウェイの手土産 »