« ブーランジュリーのお菓子 | Main | TAKIBI BAKERY@Happy Holiday Market at ISETAN »

December 06, 2011

文楽とポルトガル料理

素晴らしい夜でした。

国立劇場で、文楽「奥州安達原」(おうしゅうあだちがはら)を鑑賞しました。
開演まえのバックステージで、人形遣いの吉田勘弥さんに人形の仕組みを教わり、
なんと実際に動かしてみるという、貴重な経験もさせていただきました。

Diary1112061

終演後は勘弥さんと一緒に、皆で四ツ谷のポルトガル料理、
マヌエル カーサ デ ファドで食事を愉しみました。
お会いできた皆さまに感謝!

Diary1112062

自家製のパンは食パン風。生クリームや砂糖を使った、ほんのり甘くて
柔らかいパンでした。ポルトガルはアメリカ大陸との関わりが深く、
とうもろこしの粉を使ったパンもあるそうですね。

|

« ブーランジュリーのお菓子 | Main | TAKIBI BAKERY@Happy Holiday Market at ISETAN »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブーランジュリーのお菓子 | Main | TAKIBI BAKERY@Happy Holiday Market at ISETAN »