« Pain de campagne au erable <2> | Main | カリフォルニア・レーズン協会駐日事務所設立50周年記念「感謝の夕べ」 »

November 14, 2011

6種の洋酒を使ったシュトレン

Diary1111142_2

いま、ここはコーヒーとチョコレートと、
さまざまなスパイスと、フルーツと、そしてパンの香り。
とっておきの味を、あれこれテイスティングしています。

2009年にAll Aboutの記事でも紹介させていただいた
ドミニク・サブロンのシュトレンは、フランス産のBIOの小麦粉と
サブロンさんが開発に携わった北海道産の小麦粉をブレンド、
榎本シェフのレシピにより、ルヴァン種で12時間以上の発酵を
とってつくられています。

フルーツの漬け込みにはカカオを用い、スパイスは抑え、
そのかわりに白ワイン、赤ワイン、グラッパ、
クレーム・ド・カシス、グランマニエ、ラムのブレンドで
幾重にもかさなる馥郁とした香りを演出しています。

販売は11月15日~12月25日。3150円。

オンラインショップ

Diary1111141

|

« Pain de campagne au erable <2> | Main | カリフォルニア・レーズン協会駐日事務所設立50周年記念「感謝の夕べ」 »

information」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Pain de campagne au erable <2> | Main | カリフォルニア・レーズン協会駐日事務所設立50周年記念「感謝の夕べ」 »