« クラブ・ド・サントノーレ、オフィシャルサイト | Main | 期間限定 ロートレックカフェ »

October 06, 2011

ドイツコッペと職人の言葉

Diary111005


あの日、ドイツパンとドイツ菓子のお店に行って
気がついたら黒いパンではなくて
白いパンばかり選んでいたのは
なぜだったんだろう。

海風に吹かれて、浮かれて、日差しに晒されて、
店の扉を開けたときには、心がかろやかに
そしてまっさらになっていたのかもしれない。
そういうとき、心もからだも、複雑なものを欲しない。

最初に目を惹いたのが、ほかであまり見かけない
このまるまるとした白パンだった。

今朝のパンはドイツコッペ。
食パンと同じ生地を直焼きしているシンプルなパン。

雨が降った後の朝にふさわしい、澄んだ味がする。
お話くださった職人さんの瞳も澄んでいた。

見栄やはったりのきかない職人の仕事。

ゆっくりと丁寧に紡ぎだされる言葉に無駄がなく
誠実なところが、そのパンとおなじようだった。
間合いがあり、ICレコーダーを必要としない。
ただ書き留めれば、美しい文章になっていくようだった。


|

« クラブ・ド・サントノーレ、オフィシャルサイト | Main | 期間限定 ロートレックカフェ »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« クラブ・ド・サントノーレ、オフィシャルサイト | Main | 期間限定 ロートレックカフェ »