« 2011パングランプリ東京のパンたち | Main | フランス伝統菓子とシェフのスペシャリテ<2> »

September 29, 2011

フランス伝統菓子とシェフのスペシャリテ

Diary1109290

伝統菓子の本来の魅力や文化を大切にし、伝えたいと考える人のための会、
Club de la Galette des Rois(クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ)主催、
2011年度チャリティー伝統菓子講習会に出席しました。

今回はローヌアルプ地方の『フランス伝統菓子とシェフのスペシャリテ』をテーマに、5人のシェフによる実演がありました。

Diary1109291

左から丸山正勝シェフ(ルガリュウM)、上野啓介シェフ、藤生義治シェフ(パティスリー ドゥ シェフ フジウ)、中川二郎シェフ(パティスリー キャロリーヌ)、フレデリック・マドレーヌシェフ(ル・ポミエ)。

「ヌーベルなお菓子もいいけれど、伝統を知ってから解釈しなおす作業も大切。今日ここで伝統菓子の奥深さを知っていただければうれしい」と島田進会長。(パティシエ・シマ)

Diary1109292

毎回思うことですが、ここで紹介される、フランスのさまざまな地方の伝統菓子はどれも
超シンプル。粉とバターと卵と砂糖の組合せにフルーツやナッツ、リキュール使いによる
バリエーションで五感を愉しませてくれます。
シンプルだからこそ職人技が光るところは、パンと同じですね。

Diary11092910

ガレット・デ・ロワは第8回ガレット・デ・ロワコンテストでフランス食料農業漁業省特別賞を受賞した上野シェフが実演。シンプルなだけに、コンテストではどのように印象を残せるかに鍵があったようです。粉はフランス小麦のテロワール、アーモンドはシシリー産。素材にこだわるのもそのひとつだそうです。

to be continued...

|

« 2011パングランプリ東京のパンたち | Main | フランス伝統菓子とシェフのスペシャリテ<2> »

REPORT」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2011パングランプリ東京のパンたち | Main | フランス伝統菓子とシェフのスペシャリテ<2> »