« 無花果とパン | Main | イタリア風サンドイッチの愉しみ »

July 19, 2011

トラットリアの自家製パン

Diary110718

買い物に出たついでに、ふらりと入ったトラットリアで
好みのパンと出合って、メインがサーヴされるまえに
おいしいおいしいといって、ひとつ、食べ終えていた。
中まで温かかった。

こういうパンはパン屋さんではまず売っていない。
家で焼くパンの味がした。

Diary1107182


|

« 無花果とパン | Main | イタリア風サンドイッチの愉しみ »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

食事と供するパンが温かく且つ、それが自家製と知った瞬間の身心共にほぐれる至福感。この時期、良く冷えた白ワインがあれば、何となくこれまでの自分へのご褒美の気持ちが芽生えるのは“げんきん”でしょうか…。
このパンの朴訥さに、記憶する出合いを思い出し、思わずコメントしてしまいました。

Posted by: namico | July 20, 2011 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 無花果とパン | Main | イタリア風サンドイッチの愉しみ »