« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

July 31, 2011

モンディアル デュ パン日本代表選手壮行会

先日、モンディアル・デュ・パン 開催決定のニュースを書きました。

8月23日、ハートベーカリー21クラブで、日本代表選手の安倍竜三氏さんの
壮行会が開催されます。

日 時:8月23日(火)18:00~ ※17時30分より受付開始

場 所:ア・ビアント 江坂店
    吹田市江坂町1-23-5大同生命江坂第2ビル1F 
    地下鉄御堂筋線江坂駅より 東へ徒歩3分

参加費:5,000円

定員:50名(希望者多数の場合はHBC21会員優先)

申込み方法:氏名、会社名、住所、電話番号を明記の上、
      事務局宛にFAX(06-6252-5960)で申し込む。

お問合せ:HBC21事務局(ベーカーズタイムス社内)
     TEL06-6252-5812(受付時間:10~17時/平日のみ)

| | Comments (0)

July 30, 2011

チクテ/ベーカリーのPizza-kai

Diary110729

チクテ/ベーカリーで夏のお楽しみイベント、
5日間だけのピッツァ屋さん、Pizza-kaiが開催されます。

夏空の下、チクテのオリジナル生地で焼き上げた
熱々のピッツァと、冷たい飲みものやデザートが楽しめます。

日時:7月31日、8月7日、8月28日、9月4日、9月18日
   いずれも12時から18時(売り切れ次第終了)

場所:チクテ/ベーカリー前
   9月4日のみ「くらしのmoto市」(忠生の簗田寺)にて開催

チクテとコラボするのは、ひなた焼菓子店、すがや(ベルギービール)
tocoro cafe、カサハラコーヒー他。日によって違います。
詳細はチクテのサイトをご覧ください。

チクテ/ベーカリー

*

久しぶりに訪れてみたら、いつのまにか巨大ショッピングセンターや
高層住宅がいくつもできて、未来都市のように変わった町の様子に
思わず迷ってあたりをぐるりとドライブしてしまった。ここはどこ。

その中で小さな奇跡のようにひっそりとパンを焼いているチクテで
焼きあがったばかりの温かいパンを買い、ほっとする。
寒い日にパンを食べ熱いスープをのんだ裏山は相変わらずそこにあったし、
取材で訪れた夏の日と同じ空の青、野の緑がくっきりと鮮やかだった。
チクちゃん(北村千里さん)の笑顔に会えて嬉しかった。

Diary1107292


| | Comments (0)

July 28, 2011

西荻周辺にて

用事があって出かけたついでに朝ごはんでも買っておこうと
姉妹が営んでいるかわいいベーグル屋の階段をのぼる。
できたばかりのビストロの情報を、教えてもらう。

お昼がまだだったと思い出してフレンチカレーの店の
カウンターに座ると今日はおひとりですかと聞かれる。

まいど、と言われる八百屋があって、新しい野菜や
果物の旬や調理法はそこで教わる。
ワイルドにちぎって、試食もさせてくれる。

好きなひとと行くことに決めている小料理屋がある。
帰りしな、三度振り返るまで、路地を曲がり見えなくなるまで
見送ってくれる、おもてなしのこころにふれて、ジンとする。

注文する前からいつものメニューと信じて店主が焼きはじめて
しまうので、それ以外は頼めない広島焼屋がある。

豆大福のおいしい和菓子屋があり、
あんみつのおいしい甘味処がある。

初めてひとりで入ったラーメン屋と、ワインバーがある。
酔った晩遅くに立ち寄って話し込む、古本屋もある。


いつのまにかいつもの店が、挨拶する顔が増えて
懐かしい思い出が増えている。

今日、気がついたのは、駅前の飲み屋街で犬たちはアイドルになる
ということだ。そこでは知らない人と立ち話になることもある。
寂しい気持ちにならない、いい街だなぁと思う。


Diary110728

ポチコロベーグル

| | Comments (0)

July 25, 2011

ローズベーカリー 吉祥寺

Diary1107251

7月26日、ローズベーカリーが今年2月の丸の内に続いて、
アトレ吉祥寺に2号店をオープンします。
アトレ1F正面入り口前、74席のベーカリーカフェです。

Diary1107252
インタビュー中♪

内装を手がけたローズさんのパートナー、
ジャ​ン=シャルル・カッラリーニさんとペストリーシェフの
宇戸平さんにインタビューさせていただきました。

Diary1107253

これから書きます。

ローズベーカリー丸の内の記事はこちら

| | Comments (0)

July 23, 2011

MOiSAN Ebisu 1st Anniversary Party

昨夕は7月29日に1周年を迎えるモワザンアトレ恵比寿店の1st Anniversary Partyへ。

Diary1107231

恵比寿のイベントスペースの窓から暮れ行く夏空。

Diary1107232

フリュート(バゲット)、サンジョン(みずみずしい大型パン)、
パン・オ・ルヴァン(自家製ルヴァン種と石臼挽き粉のパン)
+somerthing goodが並ぶブフェ。

Diary1107233

Diary1107234

Diary1107235

Diary1107236

つくりたてのカスクルートは、
フリュート+バター+生ハム+紫玉ねぎ+オリーヴオイル
さらにフレッシュローズマリーを加えると、おいしい。
夏の夕暮れにぴったり。

Diary1107237


7月25日から8月5日、期間限定の新商品、メランジェは
プルーン、アプリコット、クランベリー、ピスタチオ入りのハード系。
ショコラオランジュはビターなショコラ入り、バターとオレンジの香りが
魅惑的なブリオッシュ。カリカリのミラクルシュガーがアクセント。
この2つがお土産でした。

Diary1107238

今朝はエスプレッソを淹れて、ショコラオランジュに感じ入っていました。
モワザンでわたし的ベスト3はフリュート、サンジョンフリュイ、そして
ショコラオランジュに決定です。

駅の改札を出て0分でこういうパンが買えるのは素敵。

イベントなどの新情報は、モワザンのサイトにて
メール会員登録をすると、届けてもらえます。

Le PAIN AU NATUREL MOiSAN

有機小麦のパン、モワザン恵比寿にオープン(2010.8)

| | Comments (2)

July 22, 2011

イタリア風サンドイッチの愉しみ

Diary1107222


夏のサンドイッチは軽快に、イタリア風に。
つめたいモツァレラチーズの感触、甘酸っぱいトマトや
揚げ茄子のサンドイッチが大好きです。

ナスのマリネとモツァレラのマフィンサンド

イタリア風といえば、先日開催されたクラブ・ド・サントノーレ。
nemo Bakery&Cafeの根本さんを講師に招いて
パスタに使うデュラムセモリナ粉のパンやフォカッチャやピッツァ
それにエスプレッソを使ったラスクまで登場して、
なんとなくイタリア色のセミナーでした。

Diary110722

そのレポートとnemo Bakery&Cafeのお店の記事を
All Aboutで公開しました。

根本孝幸さんの提案するイタリア風パンの愉しみ

ネモ ベーカリー&カフェ【武蔵小山】

| | Comments (0)

July 19, 2011

トラットリアの自家製パン

Diary110718

買い物に出たついでに、ふらりと入ったトラットリアで
好みのパンと出合って、メインがサーヴされるまえに
おいしいおいしいといって、ひとつ、食べ終えていた。
中まで温かかった。

こういうパンはパン屋さんではまず売っていない。
家で焼くパンの味がした。

Diary1107182


| | Comments (1)

July 15, 2011

無花果とパン

Diary110715

無花果に
マスカルポーネにあわせて
レモンをしぼって
あるいはそのままで
もぎたての香りと味を
自然のままに堪能する

愛情をかけて育てられた果実は
おいしいパンと似ている

| | Comments (2)

July 14, 2011

nemo Bakery&Cafe

Diary110714

カウンターの下に、ドアノブがある。
子供に人気だという。

こんなところで開かずのドアのふりをして
案外、どこでもドアだったりするかも。

Diary1107142

午前中のカウンターで、男性がひとり、コーヒーをのんでいた。
お昼になると若い男の人たちがやってきて、肩を並べて
買ったばかりのパンを食べ、すぐに席を立った。
しばらくして、今度はもう少し年上の男の人たちが来て
中の人たちと会話しながらビールをのんでいった。

平日のベーカリーカフェというと、おんなこどもの賑やかな場所
のイメージがあったけれども、ここはすこし違う。
外国のカフェの雰囲気。

Diary1107143
笑顔がすてきなネモさん。

ネモ ベーカリー&カフェのパン職人、根本さんにお話を伺っているうちに
パンとは、それをこしらえた職人さんの歩いてきた道がそのまま
かたちになったものなのだと思った。

今日はこれからいろいろなパンを食べます。

久しぶりに、ワインもあけてしまおう。

| | Comments (1)

July 13, 2011

『わたしの素敵なパン時間』

パンを食べることは、流行やファッションではなく、その愉しみかたは
人それぞれであるけれど、買ってただ食べるだけのファストフードの範囲が
大きいのが従来のそして今の日本のパン食文化だと思う。

パンの愉しみはもっともっと大きく、暮らしに、人生に根ざしているものだ。
それは教室で習うことではないが、誰かに倣うことはあってもいいかもしれない。
食の仕事に携わる、センスある人たちの日常のパンの話を聞こう。
聞いて書き綴って伝えていこう。
そうすれば日本のパン食文化は、今よりもう少しゆたかに成熟していくかもしれない。

そんなことを思ってはじめたこの企画も気がつけば3年経ち、
昨日で25人の「パン時間」を聞き書きしました。
最初の目標は100人でしたからクオーター達成です。
ご協力くださった方々とサポートしてくださる方々に心から感謝しています。

『わたしの素敵なパン時間』は株式会社日清経営技術センターの情報誌
NKCレーダー、NKCレポート及び日清製粉業務用WEBサイト「創・食Club 」に
連載中です。さらに、より多くの方に読んでいただけるよう、活動中です。


◇今までご協力いただいた皆さま(肩書き表記の統一せず)

1.大森由紀子さん (フランス菓子・料理研究家) 

2.淺野正己さん (グルテンヌコーポレーション代表)

3.パトリス・ジュリアンさん (ライフスタイルデザインオフィス主宰)

4.ジョゼフ・ドルフェールさん (MOFパン職人)

5.いがらしろみさん (菓子研究家)

6.志賀勝栄さん (パン職人)

7.ファブリス・ルノーさん (アラン・デュカス・エンタープライズ 日本代表)

8.鎧塚俊彦さん (菓子職人)
    
9.藤森二郎さん (ビゴ東京オーナーシェフ)

10.本間るみ子さん (チーズ専門店フェルミエ代表)

11.木村周一郎さん (株式会社ブーランジェリーエリックカイザージャポン代表取締役)

12.伊原靖友さん (パン職人)

13.西川隆博さん (株式会社ル・スティル代表取締役)

14.島田進さん (パティシエ・シマ オーナーシェフ)

15.永井紀之さん (ノリエット オーナーシェフ)

16.西山逸成さん (ル・プチメックオーナーシェフ)

17.片岡護さん (リストランテアルポルト オーナーシェフ)

18.白仁田雄二 (はちみつ専門店ラベイユオーナー)

19.明石克彦さん (パン職人)

20.ドミニク・サブロンさん (パン職人)

21.枝元なほみさん (料理研究家)

22.倉田博和さん (パン職人)

23.君島佐和子さん (『料理通信』編集長)

24.山﨑豊さん (製パン技術者)

25.渡辺陽一さん (パルテノペ 総料理長)

どうもありがとうございました。

| | Comments (0)

July 12, 2011

渡辺陽一さんのパン時間

今日の「わたしの素敵なパン時間」
インタビュイーは渡辺陽一さん。

Diary110712

戦場カメラマンの渡部陽一さん、ではなくて
ピッツェリア トラットリア パルテノペの
渡辺陽一シェフです。

昨日はナポリピッツァの協会の方々と石巻へ行って
カルツォーネを600個も作ってこられたそうで
写真など見せていただきながらインタビュー開始。

猛暑とハードスケジュールにも関わらず
お疲れの様子はまったくないわけは
日常の習慣&イタリアンなパン時間にありそうです。

Partenope

| | Comments (0)

July 11, 2011

iba Cup 国内最終予選

あまりの暑さに朝食はフルーツ中心になりがちですが
それでも香りのよいミッシュには食指が動いています。
ライ麦パンに救われる夏です。

さてライ麦パンといえばドイツ。

2012年9月16日~21日ドイツ・ミュンヘンにて開催される
世界最大級の製菓、製パン機械・食材等の展示会「iba展示会」
でパンの国際競技会が行われます。
日本では国内代表選手の選考が始まっています。
最終審査は今年2011年10月11日~12日日本菓子専門学校で
行われ、ここで選ばれた2名が日本代表となります。

審査項目はライ麦パンのほか、バゲットやクロワッサン、
編みパン、ツオップもあります。

決勝参加予定者は下記の6名

山﨑 弘樹さん(アンデルセン)
渡辺 裕之さん(タンドルマン)
渋谷 則俊さん(冨士屋)
長岩 崇之さん(ブーランジュリーオーウ゛ェルニュ)
大村 田さん (マイピア)
樋口 達也さん (デイジイ)

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー、
モンディアル・デュ・パン、そしてイバカップ。
日本のパン職人さんの世界大会での活躍に注目です。

| | Comments (0)

July 10, 2011

モンディアル・デュ・パン 開催決定

2011年1月の開催が延期となっていた第3回モンディアルデュパンコンクールの
開催が決まったそうです。

フランス・ナントで2011年9月16日~26日に開催される
第63回サンテチエンヌ国際展において、コンクールは19日~25日の日程。

日本代表選手は、安倍竜三さん(ブーランジュリーパリゴ)、
助手に濱岡由佳さん(ブーランジュリーパリゴ)、
サブメンバーとして国内予選2位の松田武司(VIRON)さん。

普段の実力がじゅうぶんに発揮できますように。
応援しています。

【関連記事】

決定!モンディアル・デュ・パン日本代表

モンディアル・デュ・パン日本代表選考会

| | Comments (0)

July 09, 2011

芥川龍之介の外出

Breadとは関係ないことだけれど
サンドイッチでもつくって、コーヒーを淹れて
愉しみたい本、ということでは関係している?

昨日書いた『忘れられる過去』荒川洋治
という本の話を、もうひとつ書きたいので書く。

芥川龍之介の年譜を検証した話があった。
誰それと一緒に誰それを訪ねるが不在、などと書いてある年譜。

検証の結果、一般家庭に電話が普及しておらず、
連絡手段がなかった当時、誰かを訪ねて会える確率は60%以下
と出た。

相手が不在の可能性もあると覚悟して出かける。
その覚悟、電話を携帯する人にはもうない。

当時は予告もなく会いに行くから、そこに世代のちがう人や、
新しい友人がいたりして世界が開ける。
また「不在」でも、今日は会えなくてよかったかもしれない、
今度来るときにはちがう話をしようなどと思う。
思考が深まるのである。

オフラインの時代の、
会うことにも、会わないことにもあった、
濃度、密度のようなものについて考えた。

| | Comments (0)

July 08, 2011

クリームドーナツの好きなひと

この内容はToday's Favoriteかなと思ったけれども
今読んでいる荒川洋治のエッセイ集、とてもいいので
ここで紹介してしまおう。

クリームドーナツという呼び名のパンが好きだ

という出だしで始まる。
駅の脇の「コーヒーとパンの店」に通っているという。

いつも買うので、店の人に「あらあの人また」と
思われないようにほかのパンでカモフラージュする。

ほんとうは3つたいらげたいときに、別のパンも買って
「するべきことはした」と思う。
クリームドーナツはイートインでひとつ、
別のパンをひとつ、そしてしばらくしたら
テイクアウト用の袋からクリームドーナツをもうひとつ
出して、目立たないように、食べるという。

雨の日も犬みたいにびしょ濡れになって通う。
このコーヒーとパンの店は幸せだな、と思う。

50歳を過ぎた。するべきことはした。あとはできることをしたい。
それも、またぼくはこうするなと、あらかじめわかるものがいい。
こんなふうな習慣がひとつあって、光っていれば、
急に変なものがやってこない感じがするのだ

そしてわたしはこの人が好きだと思った。

店の袋に好きな本を入れたり出したりして
「子犬のようによろこぶ」というこの人。

Diary110708
『忘れられる過去』荒川洋治 (みすず書房)

| | Comments (0)

July 07, 2011

ブリオッシュにレモンのグラニータ

Diary20110707

農薬や防カビ剤を使用していないレモンが
手に入るとうれしい。
グリルやフライ、フルーツにキュっとしぼる。

家でも育てられたらいいのに、と思うけれど
地面がなければ可哀想か。

今朝はベランダで伸び放題になって草臥れていた
ワレモコウやズイナやニワフジの剪定をした。
ささやかな茶花ガーデン。
野生的なミズヒキも暑さに弱っていた。

蒸し暑い朝だった。
ブリオッシュにレモンのグラニータを挟んだ
シチリアの朝食を食べてみたいとふと思う。

もちろん、ここではなくて、イタリアで。

| | Comments (0)

July 06, 2011

ネモベーカリー&カフェ 根本孝幸シェフに学ぶ

※お知らせ
8月30日のチャリティー講習会申し込みは本日定員に達したので締め切られました。
このような講習会は今後も予定されています。またお知らせします。

  ***

Diary201107063


パン業界で働く女性の会、クラブ・ド・サントノーレ主催のセミナーで、日本製粉へ。
本日の講師はネモベーカリー&カフェ 根本孝幸シェフ。

Diary201107062

プリエーゼという、デュラム粉を使ったパンとフォカッチャ、パニーニ、
そしてベーカリーならではの焼菓子が紹介されました。

Diary201107061

終始にこやかな雰囲気のセミナー。この温かさ、穏やかさはどこから来るんだろう?
たぶん、シェフのお人柄から。今度、ネモベーカリー&カフェに探りに行ってきます。

家でも試せるイタリア風のサンドイッチやピッツァについてなども、あらためてご紹介します。


| | Comments (2)

July 05, 2011

ino 1 Bakery

いの一番の「い」は、「いろは」の「い」。
いのいちベーカリーの「い」は「いのかしら」の「い」。

新しいパン屋さんをご紹介します。

いのいちベーカリー【三鷹台】

このオレンジ&デザインのインパクト。
足を止める人、窓から覗きこむ人の数が多い気がします。

Diary110705


| | Comments (0)

July 04, 2011

チャリティー講習会のお知らせ

パン職人を対象に、東日本大震災復興支援のための
チャリティー講習会が開催されます。

-----------------------------------------------------

■山﨑豊氏、伊原靖友氏、井上克哉氏、西山逸成氏
4人のシェフによるチャリティー製パン講習会 

-----------------------------------------------------

東日本大震災により、被災された方々及びその地域の復興をご支援するため、4氏の呼びかけにより、チャリティー講習会を開催する運びとなりました。今回、ご参加される皆様方から頂く受講料金は全額、日本赤十字社に寄付致します。

また、数々のコンテストでも入賞実績をお持ちであるシェフ達の技術、製パン知識や経験談などを間近で見聞きできるチャンスでもございます。

ご主旨ご賛同頂き、是非、万障お繰り合わせの上、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

■日時 :2011年8月30日(火)10:00~17:00頃 (受付開始9:00)

       *講習終了後に情報交換会(ノンアルコール)を行う予定です。

■開催場所 : 日本製粉株式会社 東部技術センター
       東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-7NOF南新宿ビル(旧星和ビル)7F

■受講費 : 5,000円 / お一人様  (昼食&情報交換会費込み)

*受講料は全額、日本赤十字社を通じ、被災地へ寄付いたします。

■お申し込み : 日本製粉株式会社東京支店 平田・福島宛
           下記必要事項を明記の上、FAXしてください。
           FAX 03-5360-6477
           定員60名になり次第締切らせていただきます。

 ※申し込み必要事項

 会社/店名
 参加者名
 会社/店の所在地 郵便番号から
 連絡先電話番号、FAX番号
 帳合問屋
 4氏への質問事項やメッセージ
 

■締切 : 8月12日(金)

講師及び主な実演内容

*

山﨑 豊 氏(やまさき ゆたか)
元ジェラールミュロ シェフ

実演品目  パーネ パルミジャーノ、フルドネージェ

*

伊原 靖友氏(いはら やすとも)
ZOFP オーナーシェフ

実演品目 ツォップ、Nass Brot(濡らしパン)

*

井上 克哉氏(いのうえ かつや)
ブーランジェリーオーヴェルニュ オーナーシェフ

実演品目 ムゥレン、ヴィエノワ       

*       

西山 逸成氏(にしやま いつなり)
ル・プティメック オーナーシェフ

昼食製作 サンドウィッチ約3種類&スープ
     (サンド用のパンは山﨑シェフ製作)

-----------------------------------------------------
以上。

この他、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワからも製菓・製パン職人を対象にした
チャリティー伝統菓子講習会のお知らせをいただいています。
9月8日(大阪)、9月29日(東京)
講師等、詳細がわかり次第、こちらでもご案内させていただきます。


★続報
8月30日のチャリティー講習会、締め切られました。(2011.07.06)


| | Comments (0)

July 03, 2011

夏のパンに想う

身体のために、今年はまだ冷房をつけていない。

パンは少しずつ買う。
すぐに食べない分はスライスして密封し冷凍する。
というのは年中そうしているけれども、
この季節はどんなパンも例外なくそうする。

冷やして食べるパンとか、この夏の新しいものを
いろいろと試してみたけれど、わたしの身体が
あまりよろこばないので、なかなか書くことができないでいる。

最近初めて食べたパンでいいなと思ったのは
キルシュが香る、クランベリーとヘーゼルナッツのパン。
ライ麦がすこし配合されているけれどほんのり甘く
セミハードな食感に仕上がっている。
朝食で、ヌテラを合わせると、ヘーゼルナッツが呼応する。

新しいより、粉の部分がちゃんとおいしいことのほうが
大事とわたしはいつも思う。地味なことなんだけれども。

Diary110703

週末に久しぶりに映画を観ました。
パンのお話ではないのでToday's Favoriteに書きました。
いま、ひとりでも多くの人に観てほしい映画です。

ミツバチの羽音と地球の回転

| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »