« VIRONの粉でパンを焼く取材こぼれ話 | Main | ロバートさんのアメリカンベーキング »

June 11, 2011

シモンさんにおいしいパンの食べ方を教わる

Diary1106111

わたしたちは「バゲット」や「カンパーニュ」という言葉を
知ってから、「フランスパン」とはあまり言わなくなってきたけれど
ドンクのバゲットは今でもわたしにとってはフランスパンです。
日本で始めて本格的なフランスパンの製造販売を実現し、
1966年には青山でフランスパンブームを巻き起こしたドンクだから。

さて、そのドンクの特別技術顧問シモン・パスクロウさんに
フランスパンの他、パンドミ、セーグルなどのおいしい食べ方を
教えていただきました。どれも冷蔵庫の中にあるものでできるような
とてもシンプルな+something good!(+quelque chose de bon?)で
さまざまなシーンに使えそうです。

Diary1106112
シモンさんは今日も「板ショコラ」の話をしてくださった。
そう、あの「パン・ト・ショコラ」(パンとチョコ)のお話です。

これから原稿をまとめて、写真とともにご紹介します。

|

« VIRONの粉でパンを焼く取材こぼれ話 | Main | ロバートさんのアメリカンベーキング »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« VIRONの粉でパンを焼く取材こぼれ話 | Main | ロバートさんのアメリカンベーキング »