« New York,New York | Main | カリフォルニア・レーズンコンテスト 消費者審査員募集 »

April 19, 2011

料理通信社、君島さんインタビュー「穴への旅」

創・食Club『わたしの素敵なパン時間』の取材で料理通信社へ。
今回のインタビュイーは個人的にも憧れの仕事人、
『料理通信』編集長の君島佐和子さん。

おいしさの理由をスッと理解に導く彼女の言の葉には
愛と情熱の取材に裏打ちされた知識のみならず、
ユーモアのエッセンスも豊かに混じり、
コムズカシイ理論であっても、いつしか楽しく勉強
できてしまうのです。
それはわたしも努めて目指したいと思っているところです。

さて、今回の最多出キーワードは「穴」。
パンのおいしさは穴(すなわち気泡)にある、というお話。
穴からの旅なのか、穴への旅なのか、奥が深い穴を
一緒に覗いて、共感したり新たに発見したりのひとときでした。

帰りにいつもの店で購入したバゲットの断面を
普段より厳しくなっている目で注意深く見つめれば、
かなり質の良さそうな半透明の穴を確認。
というか再確認して、なるほどね!と満足。
おいしさはこの穴に。
この艶やかな蝉の羽状の部分を
夜ゆえ自然光で撮れなくて残念です。

Diary110418

この連載もおかげさまでようやく23回になりました。
モノローグなのでわたしは女優……いや、霊媒師か……のように
ひととき、彼または彼女の言葉で語らせていただきます。

責任重大。そのためたまに発熱するほどですが、
かけがえのない体験となっています。
多くの方にそれをお伝えできるよう、今後も努めます。
お忙しい中、ご協力くださった皆さまに、心から感謝しています。


|

« New York,New York | Main | カリフォルニア・レーズンコンテスト 消費者審査員募集 »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« New York,New York | Main | カリフォルニア・レーズンコンテスト 消費者審査員募集 »