« Bread Journal News 創刊のお知らせとチーズ万博2010 | Main | 竹谷光司さん感謝の会 »

September 26, 2010

恋に効くリストランテ、ふたつの箱に……

昨晩、銀座のブルガリ イル・リストランテにて。
テーブルに置かれたパンの箱が美しかったのです。

Diary1009255

ラボッシュ(春巻きの皮のような中東の薄焼きパン)、
グリッシーニ、フォカッチャ、スモークチーズの
柔らかなパンにカンパーニュ。国籍にこだわらず、
個性を主張し過ぎず、このレストランの新感覚の料理に
やさしく寄り添う取り合わせ。

デザートと小菓子の合間だったでしょうか、
BVLGARIと金文字の入った黒い小箱がすっとテーブルの上に
置かれたので、ドキっとして夫の顔を見た次の瞬間、
お店の方のフレンドリーな微笑みに出合いました。

それはまるで指輪を入れるような箱に入った
ジュエリーのようなボンボンショコラ、
お店からのサプライズプレゼントでありました。

Diary1009256
小菓子。中央奥、マカロンの後ろに見えるのがその小箱。

|

« Bread Journal News 創刊のお知らせとチーズ万博2010 | Main | 竹谷光司さん感謝の会 »

others」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Bread Journal News 創刊のお知らせとチーズ万博2010 | Main | 竹谷光司さん感謝の会 »