« July 2010 | Main | September 2010 »

August 2010

August 31, 2010

吉田照美 ソコダイジナトコ

ラジオ文化放送「吉田照美 ソコダイジナトコ」に
呼んでいただきました。
今週は「週刊エンター」のコーナーでパンを特集しているのです。

Diary1008312

本日のテーマはパンの美味しさの流行について。

フレンチスタイルのパン、生地の水分量とおいしさの関係、
食感と香り、五感を楽しませてくれるパン、天然酵母の意味、
おすすめのお店とパン、おいしい食べ方……などなど
お話させていただきました。

Diary100831
吉田照美さん、唐橋ユミさんと。

5時の空、6時の電車。パン屋さんの時間帯。
熱気をはらむ前の空気の清々しさに、夏の終わりの感触がありました。

ヒトシゴト終えても8時前、というのはなんと気持ちのいいことでしょうか。
早起きの徳です。

帰りにヨガのクラスに参加して、秋の企画のためにパン屋さんに寄りました。
明日から9月。すこし元気が出てきましたよ。

| | Comments (0)

August 30, 2010

世界一の朝食

世界一の朝食、というテーマで取材を受けました。
パンの愛好家の方々や、記者のわたしの考える世界一の朝食。
パンと何かいいもの。

こういう企画が好きなので、いくつも提案をしたら、
これとこれは同じような提案をされた方がいらっしゃったので……
ということで、わたしの朝食は
ブレッド&サーカスの「デーツとイチジクの甘めのパン」
にフェルミエの「マスカルポーネ チーニョ」に
イタリアンローストのコーヒー、に決まりました。

ある日のわたしの、世界一の朝食です。
湯河原が近所でないので、毎日は無理ですが。

出来上がったページに、世界一の朝食はシンプルでベーシック、
職人が手間をかけてつくったものである、という共通項を見ました。

世界一の朝食で一日を始められたら、素敵。

Diary100830

今日のわたしの世界一の朝食は、Les Jardins de Marieの
オレンジとパンデピス風味のジュレと、バターをつけた
プチメックのリュスティックと、ZOPFのディンケルミッシュブロート。

温めたパンから立ちのぼる香りと、リンゴのペクチンの
フルフルとした感触が新鮮。
スパイスケーキにかけられた甘酸っぱいグラッサージュを思いました。

| | Comments (0)

August 23, 2010

角食パン特集

山型食パンに続いて、角食パンの特集をしました。

おすすめ角食パン5選

写真は『わたしの素敵なパン時間』で昨年、
食パンのおいしい食べ方のレクチャーを受けたときのもの。
シンプルで極上の素材をはさんだ食パン。

Diary100823

パンと茹で卵があればそれは5分でできる。
人生においてその5分を節約してできる素敵なことなど、
そう多くはない。

『日々のパン手帖』 この世で一番美味しいサンドイッチより

| | Comments (0)

August 18, 2010

職人仕事礼讃

母が亡くなって、日々の仕事を以前よりありがたいと思うようになった。

数えてみたら、十を越す仕事の波がうねりながら押し寄せていて
喪失感の波にザブンとかかって、まじりあう。
わたしはどちらに溺れそうなのか、一瞬、わからなくなる。

今は、泳ぎに集中しよう。
愛情をもって、職人のように仕事しよう。

Diary100817

「ほんとにパンが好きなんですね」とよく言われる。

「ほんとにパンが好き」なことに間違いはないけれど
愛好家でもマニアでもなく、毎日、お米のごはんで
一汁三菜、季節のものを作って食べている。

おいしいパンを食べに行こう、といわれるより
おいしいお酒を飲みにいこう、といわれるほうがうれしい。

何より好きさ加減、酔狂さでいったら、きものが好きだ。

ただわたしは、パンに対する変わらぬ想いがあり、
それが、上記のすべてにも共通しているようだ。

伝統的なものが好きということ。
手仕事の時間、それをゆっくりいとおしむ日常が好きということ。
そこにある、名も知れぬ職人の存在を敬う気持ち。

職人仕事礼讃。

| | Comments (1)

August 16, 2010

山食特集

Diary100816

All Aboutで、先日のバゲット、カンパーニュに続き、
おすすめの食パンをご紹介しました。
今回は山型食パン。(写真は角食ですが)

バゲット、カンパーニュ同様、食パンも、
まだ他にすばらしいと思うものや、
また食べてみたい、と思うものがありますが
最近食べた中から、All About読者に向けて
おすすめしたい5選ということで選びました。

おすすめ山型食パン5選

| | Comments (0)

August 15, 2010

夏休みの絵日記とかたつむり

「あなたの昔のブログが出てきたので同封します」

少し前に、宅急便で送られてきた子供の頃の絵日記。
そっとひらくと、あの夏休みへタイムスリップしてしまう。


1972年7月22日 夏休みの絵日記より

きょうのあさわたしはつゆくさをとってきました。
家に帰ってからなほこにあげようとしてわたしたら、
くきのところに、小さいかたつむりがいたのをみつけました。
かたつむりはすきとおるようにかわいいです。
アイスクリームのカップにいれてあげてきゃべつをあげました。

わたしはこの頃と今と、外側は年齢をかさねていても
内側はほとんど変わっていない……のかもしれません。

2010年8月15日 

きょうのあさわたしはドミニクサブロンのエスカルゴを食べました。

Diary100815


| | Comments (0)

August 09, 2010

パン ド カンパーニュ特集

All Aboutからの依頼で、いくつかのカテゴリにわたり
「おすすめパン特集」をする予定です。

先日のバゲットに続き、カンパーニュを特集しました。

カンパーニュは、わたしが思う「パン」そのものです。
もしかしたら、一番食べるパンかもしれません。

そのわりに、どこでも売っているわけではないから
もっとたくさんのパン屋さんが作ってくれたらいいなと思っています。

*

今回の特集でも登場した人気店、ZOPFで、正スタッフを募集しています。
ZOPFで働きたい、と思われる方、詳細はこちらです。

| | Comments (3)

August 07, 2010

Bread+something good,2つのinformation

先の投稿にコメントをお寄せくださった皆さま、
今回、表示はされていませんが、
メッセージを確かに受け取りました。

どうもありがとうございました。

楽しみにしてくださっている方がいるということが
とてもありがたく、支えとなり、励みとなりました。

これからもどうか、よろしくお願いいたします。

Diary100806

早速、informationを2つお伝えします。

有機小麦のパン、モワザン恵比寿にオープン
の記事をAll Aboutで公開しています。

それから、はちみつ専門店ラベイユで人気のはちみつ教室のお知らせです。

8月のアトリエ・ド・ラベイユのスケジュールが
公開されています。
参加希望の方はこちらへどうぞ。

| | Comments (0)

August 04, 2010

微笑をもって

子供の頃、家のコンベクションオーブンで、
母がよく、おいしいパンを焼いてくれました。
それが今、わたしがここでパンのことを書いている
そもそものきっかけだったかもしれません。

わたしの一番の後援者でもあった最愛の母が
先週木曜の夜、静かに息をひきとりました。

火曜日、入院したばかりの病室からこっそりくれたメールには、
「疲れていたのでとても快適に休んでいます」とありました。
わたしから借りた本を「楽しみ始めました」とも書かれていました。

治癒の見込みのない大変な病で、でもその大変なところの大半を、
わたしは、はっきりとは知らずに、この1年を過ごしてしまいました。
母は、知らせないようにすることに力を尽くしていました。
心配されてもしかたがないのよ、と言ったかもしれない。

入院して二日、最後まで、目が合えば微笑んでくれました。
何よりも大切にしていた、家族と共にある日常を貫いて
母は旅立っていきました。

今はただ、母という人に、その強さ、潔さに、
その生のまっとうのしかたに、心を打たれています。

たとえ遠く及ばざるとしても、その生き方を見習って
胸をはって生きていかなければ、と思います。

今日も読んでくださった皆さま、ありがとうございます。
これから少しずつ再開してまいりますので
どうぞ、よろしくお願いいたします。


Diary100801


| | Comments (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »