« 日常のパン(モンディアル・デュ・パンの話の続き) | Main | ラスク・ド・バニーユ »

June 03, 2010

パンの面白味

Diary100603

以前、食パンの食感を絹、麻、木綿にたとえたことがあった。
それからいつも、考えてみる。

たとえば今食べているのは、ざっくりとした麻の食感の山型食パン。
それは私的な、気分的な分類で、愉しむ季節は問わない。

日本のパンは、布の織りや染めほど、地方による特性はなくても
素材や製法、それを作る職人によってまったく違うものになる。
微妙に違うことがあたりまえであり、面白味だと思う。

|

« 日常のパン(モンディアル・デュ・パンの話の続き) | Main | ラスク・ド・バニーユ »

daily bread」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日常のパン(モンディアル・デュ・パンの話の続き) | Main | ラスク・ド・バニーユ »