« びっくりする日々のマフィン | Main | 決定!第3回モンディアル・デュ・パン日本代表速報 »

May 25, 2010

ブロートハイム明石さんに学ぶドイツパンの魅力

「手粉は毎日、仕事が終わったら、ふるいにかける。
空気を抱きこんで、かるくなる。
仕事って結局、そんなところなんだよね。
毎日、気持ちいい仕事するための、準備」

Diary1005251

クラブ・ド・サントノーレでとったアンケートで
講師になってほしい人ナンバーワンの人気だった人が
今回、講師を務められた。

ベッカライ・ブロートハイムの明石克彦さん。

明石さんの言葉は、彼のつくるパンと同じで
温かく、心の奥まで響く。

パンを成形するときの姿勢が美しい、と、いつも思う。

「こんないい仕事って、そんなにないんじゃないかな」
そう言って、明石さんは微笑んだ。

ドイツパンの楽しみかたについて、これからまとめます。

Diary1005252


|

« びっくりする日々のマフィン | Main | 決定!第3回モンディアル・デュ・パン日本代表速報 »

REPORT」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« びっくりする日々のマフィン | Main | 決定!第3回モンディアル・デュ・パン日本代表速報 »