« 東京あんぱん 豆一豆 | Main | 移動販売の鯛焼き »

April 02, 2010

リストランテ アルポルト片岡護さんのパン時間

創・食Clubの連載、『わたしの素敵なパン時間』
今回は、西麻布のリストランテ アルポルトの片岡護さんに
パンの愉しみについて、伺ってきました。

この企画はモノローグ形式で紹介するので、責任重大ですが
担当のMさんが命名してくださった『わたしの素敵なパン時間』の
「わたし」とは、このわたしのことでは?などと思ってしまいます。

というのは、毎回のように人との接し方、仕事の仕方などにおいて
新しい気づきがあり、また、自分と同じ考えを発見した時には
心を強くすることもあり、わたしにとって、本当にうれしい時間だからです。

この活動をサポートしてくださる皆さまに、心から感謝しています。

わたしはもっとがんばって、いずれは今より多くの方に読んで
いただけるようにしたいと、考えています。
インタビューもコツコツ、続けていきます。


Diary100402


アルポルトは、昼間からゆったり落ちつけるお店でした。
各テーブルをまわり、お客さまとにこやかに会話するシェフは
気さくで、いつも笑っていらっしゃる、素敵な方でした。

アルポルトのオープンは1983年。
この界隈を「霞町」と呼ぶ人も少なくはなかった頃でしょう。
その頃の西麻布はわたしにとって、背伸びをして遊びに行く、
ちょっと憧れのある場所でした。
懐かしむには、街はすっかり変わってしまっているけれど。

何年も愛され続ける店は、街の宝物ですね。
今度は家族で、出かけたいです。

|

« 東京あんぱん 豆一豆 | Main | 移動販売の鯛焼き »

WORKS」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京あんぱん 豆一豆 | Main | 移動販売の鯛焼き »