« パン工場見学と銀座のクリスマスツリー | Main | 浅草で、粟ぜんざい »

December 19, 2009

これが、パンというもの

こんなにおいしいパン、食べたことない

と、今年は何度、思ったことだろう……
その時々の思いについては、あらためて書くとして、
今日のおいしいパンに、感謝。

Diary912192

これこそ、わたしの考える「パン」というもの。

理想に、とても近いところにあると感じながら
その小麦が日本の土地でつくられたことに、それを
探究心旺盛な職人さんが手にし、奥さんが挽いて、
パンが完成したことに、心をつかまれていた。

微量のイーストで長時間発酵させた大型パンはZOPF製。
国産小麦50%と国産の古代小麦50%のミッシュ。

つくり手とそのまわりの人たちの苦労はあったはずなのに
余熱とともに消失してしまったのか、パンの上にはどこにも
残っていない。
そこに感じられるのは、「おいしいでしょう!」という
満面の笑み、かもしれない。

|

« パン工場見学と銀座のクリスマスツリー | Main | 浅草で、粟ぜんざい »

daily bread」カテゴリの記事