« スイーツカフェのトーストサンド | Main | 今に生きる伝統菓子 »

August 26, 2009

ブノワトン 高橋幸夫さんを偲ぶ会

8月上旬、パン業界に悲しい訃報が流れました。
伊勢原のブーランジュリー ブノワトンの高橋幸夫さん(享年41)。

高橋さんは自社に大きな穀物庫を備え、石臼で製粉してこだわりのパンを焼き、
国産小麦の普及に貢献。「湘南小麦プロジェクト」で地産地消を推進、パンと
そのまわりの食にあらたな可能性を広げたパン職人です。

わたしが高橋さんに最後にお会いしたのは数年前の夏でした。
心からご冥福をお祈りいたします。

来月、高橋郷子さんと偲ぶ会委員により、お別れ会が行われます。
ブノワトンのパンを囲み、高橋さんの思い出を分かちあうひとときです。
高橋さんのパンを大好きだった方もご参加いただけるそうです。

ご案内させていただきます。

         記


  日時  2009年9月28日(月)午後3時より
  
  会場  代官山ヒルサイドテラス バンケットルーム

  会費  5,000円

  備考  平服でお越し下さい。

  申込み 準備の都合上事前にFAXにてお名前、人数をお知らせください。
      
      偲ぶ会事務局 日本製パン研究会ホイートクラブ 今本
      FAX 06-6336-1515
   

|

« スイーツカフェのトーストサンド | Main | 今に生きる伝統菓子 »

information」カテゴリの記事