« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

March 31, 2009

ついに端まで来てしまった

Diary90331

ある山型トーストを食べていて
それについて書こうと思うのに
気がつくと食べ終えてしまっていて
翌朝、今度こそは、と思うのに
やはり、いつのまにか消えている
そんなパンがありました。

今朝、それはついに端まできてしまった。
食パンのハッピーエンディング。
それはデイリーに食べるパンとして
すごく素敵なパンだったようです。

|

March 28, 2009

野の花便り

近所の桜の花がほころび始めていて、
朝晩見上げています。

先日、福井の石窯パン工房 野の花さんから
卯月の「野の花便り」が届きました。
野の花さんは、毎月ほんものの石窯に火を入れて
パンを焼いています。
パンは越前和紙にくるまれていました。
あちこちに桜模様。石窯パンと和のこころ。

それについてはまた、あらためて書きたいと思います。

Diary90329

もうずいぶん昔のこと。銀座で勤めていた頃、
たまに立ち寄る花屋さんで、買うときにはいつも、
「野の花のようなのを」と伝えていました。

あの頃のそういう花たちが、茶花、というものだと
気がついたのは、つい先日のことでした。

|

March 26, 2009

ARTISAN TERRAと、夕食の話

三宿のアルティザン・テラを取材。

Diary90626

迷ったあげくランチの一品に選んだ
国産トマトのタルティーヌに感激。

わたしの好きな、シンプルなおいしさ。

フレッシュなトマトの下には
アンチョビのペーストが隠れていて、
ほどよく融合するのです。

それから、長い名前のついたパン、
「有機バナナとピーカンナッツの
ライ麦パン黒みつキャラメリゼ」と
「北海道とうもろこしと有機トウモロコシの
リュスティック」そのほかあれこれ食べてみて、
ほーっと贅沢なため息……!

*

今晩の夕食は天然ものの鰤のいいのがあったので塩焼きに。
鰹だしをたっぷりとって、小松菜と油揚げのお味噌汁、
それにひじきの煮つけまでつくったところで、
うちにあまりにたくさんのパンがあることに気がつき、
おいしいうちに食べなくてはとちょっと焦って自分だけ、
パンと合わせてみたのです。

ほんとうはご飯。こういう日は絶対ご飯であるべき
なのだけれど、有機のカンパーニュに、ご飯みたいな甘味を感じ、
これはなかなか相性がいいかも、と思ったのでした。

有機のワインもあけて、さらにあれこれつまんでいたら
すっかり夜も更けて、原稿が書けなくなってしまいました。

やっぱり、楽しまなくてはね。


|

March 25, 2009

DONQ青山店@Ao

Diary903251

明日26日、青山通りにオープンする複合商業ビル、Ao(アオ)に
ドンク青山店がオープンするので、内覧会へ。

その前に出かけた美容院で、その話をすると
「あのミニクロワッサンのお店ですね」と言われて
ああ、そうか……と、なんだか視野が広がりました。

最近では、系列のミニクロワッサンのお店があちこちに
あって人気ですが、やはりドンクといえばおいしいバゲットのお店。
ということを、知らない人に伝えたい。

Diary903253

1966年、青山にドンクがオープンした当時の様子を、わたしも
写真でしか見たことがないけれど、当時のドンクは
東京でフランスパンの大ブームを起こしたのです。

Diary903252

Aoの地下には、ドンクより13年早くこの地に日本初のスーパー
マーケットとして開業した紀ノ国屋が入っています。

もともとここにあった紀ノ国屋の古い建物、ただ2階に上がるだけ
なのに、おそろしく時間のかかった古いエレベーターと一緒に
懐かしく思い出します。
もうあの外国みたいな感じはない。
というか今は、東京のあちこちに外国が存在するのかもしれません。

DONQ青山店についてはまたあらためて書きます。

|

March 24, 2009

夜のトースト

何年も前に読んだ本を、寝る前に読みかえすのが
習慣になっています。

背筋をしゃんとさせたいとき、自分にもっと
厳しく向き合いたいときは、白洲正子
疲れたとき、優しくなりたいときには、吉田篤弘
という、知る人はなるほどと思うかもしれない
2種類の本を、最近は交互に愉しんでいます。

昨晩読んだ吉田篤弘さんの『空ばかり見ていた』は
以前、FAVORITE WORKSの"Today's Favorite"に書いた
こともある、旅する床屋さんの本です。
昨日読んだところに、

いちど食べてみれば分かるのよ。
夜のトースト。
すっごい旨いんだから。

という文がありました。
吉田さんの物語に出てくる、パンが好きです。

Diary90324

写真は薄曇の光の中で撮った今朝のトースト。
なんだか眠たげです。
本の中の彼女は、朝は舌がまだ起きていない、と
言っていたけれど、わたしは朝のトーストが好きです。

先日のファブリス・ルノーさんのインタビューの原稿、
書きあがりました。

タイトルは「日本とフランスのテロワールと遺伝的要素」。
(ご興味のある方は創・食Clubにて)

日本は食パンが非常に優れている、と言うルノーさんは
毎朝トーストを召し上がるそうです。

メディアのパン特集では、その地味さゆえに敬遠されがちな
食パンに、もっともっとスポットをあてたい、と思っている
今日この頃です。

|

March 22, 2009

休日の情報整理

ここのところ、たまりにたまった数年分の資料を整理していました。
おもに、パンフレットやメモなど、今はもう古くなってしまった
情報の残骸たち……!

懐かしい、という想いにとらわれないうちに、事務的に、黙々と
作業していきます。

空いた場所には、今を生きるための「何かいいもの」を。
大切な、本物の情報だけ持てたら、それでいい。
物が少ないのは気持ちいい。


Diary90322
そんな今日の豆頬髭犬たち。
「いつもこのへんから出てくる」パンを捜索するジェムと
見守るグーちゃん。

彼女たちのまわりには、なかなか休暇がとれないわたしたちの、
休みの日の空気がいつも存在している。

|

March 21, 2009

楽をしよう

友人から電話があって
丁寧な仕事をするにはどうしたらいいか、
ということについてしばらく話をする。
世の中、楽をしよう、簡単にすませてしまおう
という人ばかりなのかなぁ……とため息をつく友人。

別の友人がメールで、戦場で生きることについて
書いてきて、はっとする。
わたしは、いつも戦っているかもしれない。
楽をしよう、という自分と。


Diary90321
昨日は東京で桜の開花宣言。
しばし、戦を忘れて。

|

March 20, 2009

スーパーマーケットのone day old

ほぼ毎日のように買い物に行く近所のスーパーマーケットで
紀ノ国屋のパンを扱うようになりました。

ホールセールのパンの中では、紀ノ国屋が一番好きで、
記憶にある限り、もう20年以上も前から利用しているのですね。

スーパーマーケットのパン売り場は小さなセレクトショップ。
小さな喜びでありました。

さて、その脇にはone day oldのコーナーがあり
賞味期限が今日、というようなパンが20円、50円と値引き
されています。
いつもは素通りするそのコーナーですが、そこにたまたま
紀ノ国屋のパンを発見した日、思わず買っていました。
このパンはずっと置いてほしいなぁと思ったので。
そんなの、小さなアクションでしかありませんが。
長い付き合いですから、おいしく食べる自信もありました。

one day oldをおいしく食べるこつは、その日食べない分を
ラップしてジップロックで密封して冷凍庫に入れておくだけです。
朝、食べる分をとり出して、温めたトースターに入れて
焼くだけ。それで、おいしいパンは、蘇ります。

|

March 19, 2009

ゴッサム・グリル速報

Diary90319

10日のブログに書いた恵比寿のハンバーガーとステーキの店
ゴッサム・グリルの記事をAll Aboutで公開しました。

GOTHAM GRILL

It's not the American,but the NY taste……
わたしの持っていた、最高においしいハンバーガーの記憶は
アメリカは中西部の田舎で、草の上に座って食べたハンバーガーでした。

ゴッサム・グリルのハンバーガーには、都会的洗練があります。
マヨネーズはもちろん、ケチャップやマスタードをつけない、
というのは賛否両論あるのかもしれませんが、
塩胡椒だけのシンプルな肉に深い味わいを感じ、
素材と職人さんの技について思いました。

Diary903192

確かお酒のことは、記事に書きませんでしたが、
ビールがいろいろ揃っています。
いかにもアメリカンなラベルのワインも数種類。
カリフォルニアのプレミアムワイン、Opus Oneがあるところが
ゴッサム・グリルならでは、かもしれません。


GOTHAM GRILL

|

March 17, 2009

BEIGE ALAN DUCASSE TOKYO

Diary90317

ベージュ東京にて、アラン・デュカス エンタープライズ日本代表の
ファブリス・ルノーさんのパンの愉しみをインタビュー。

日清経営技術センターの情報誌と創・食Clubのサイトでの連載
『わたしの素敵なパン時間』のための取材です。

Diary903172


今週末には冬の間クローズしていたルーフテラス『ル・ジャルダン・ツイード』
がオープンするとのこと、素敵な夜景が望めそうです。

BEIGE ALAN DUCASSE TOKYO

|

March 14, 2009

C……La Campagne des Quatre Saison

パンにつける名札をここまでデザインするパン職人は
なかなかいない。

Diary90314


大きなカンパーニュを切り売りするライブ感。
ここで、パンは焼きたてでなくてもおいしい、ということが
どれほど多くの人の体験をもって証明されていくことだろう!

ナショナルデパートの東京販売所のオープンで、
お店から出てくる人が皆笑顔で、嬉しそうなのが印象的だった。

|

March 13, 2009

Four de h(フール・ドゥ・アッシュ)

Diary90313

いったいこれはどんなパンなんだろう?

というパンがたくさんあって、
お店の方に伺うのが楽しい。
ここの人たちは、誰に聞いても、
楽しそうに説明してくれる。
そのパンが好きなのだと思う。

お昼時は、自然と一方通行になって
過ぎたパンの前へは戻れないから
誰もが真剣にパンを選んでいる。

次に訪れてドアを開けるときには
今日のパンはもう過去のパンと
なっているかもしれない。
今このときを愉しむ。
そんな気分でパンに向き合う。

Diary903132

Four de h(フール・ドゥ・アッシュ)

|

March 12, 2009

ナショナルデパート東京

今週末、高円寺にナショナルデパート東京がOPENします。
東京は販売所で、窯はありませんが、岡山に行かずとも
あの巨大なカンパーニュが切り売りされるところが見られる
ことでしょう。こんなパン屋さんのスタイル、興味深いです。
しばらくは週末営業とのこと。詳細はあらためて。

Diary90312
ヒ、ヒデシマさん……

Diary903122
ニコ!


幸せをシェアするパン、ナショナルデパート

|

March 11, 2009

パン屋 麦兵衛


Diary90311

東匠で施工した小手指のパン屋さん
麦兵衛を取材。

東匠で手がけるお店を、最初から知っていることは
あまりなく、設計や施工の段階で情報を入手していくうちに、
これはぜひ職人さんにお話をうかがわなくては、などと思い、
取材させていただきます。

店名同様、建物も和風で、その雰囲気になごめます。
オープンしたばかりなのに、もうお馴染みさんが
何人もいたりして、途切れることのないお客さんたちに
お昼時の窯はフル稼動、職人さんも大忙し。

それなのにお邪魔してしまいました。
でも、行ってよかった。素敵なパン屋さんです。

詳細はこれから書きます。

東匠の施工例、久しぶりにUPしました。

|

March 10, 2009

GOTHAM GRILL

Diary90310


恵比寿にNYテイストのハンバーガーと
ステーキのお店がOPEN。

上質なハンバーガーと
ステーキ、堪能しました。

Diary903102


炭火焼きの肉とバンズを見守るのは
この店の料理を監修している
ブラッスリーヴィロンの
シェフキュイジニエ、山田さん。

詳細はあらためて、書きます。

GOTHAM GRILL
渋谷区東3-16-10
J-Park 恵比寿Ⅲ ALTIMA 1F

|

March 09, 2009

春色マフィン

Diary90309

ここのところベーグルサンドづくりに
取り組んでいたので、軽やかなものが
食べたくなる。

よく焼いて、サクサクした食感が新鮮な
イングリッシュマフィンはpour vousのもの。
コーンミールが春の色合。

|

March 07, 2009

食楽パン特集

Diary90307

雑誌「食楽」のパン特集に取材協力しました。
この雑誌のパン特集も、年々内容が深く濃く
充実してきているように思います。

特集のための対談については、2月16日のブログで書きました。

そのとき、編集部の方が
「この後、ブレッド&サーカスに料理を習いに行くんですよね」
と言っていたのを、楽しみにしていたのです。
ブレッド&サーカスの寺本さんの、Bread+something good。
サンドイッチやおつまみ、フレンチトーストのレシピが
この特集では4ページにわたって掲載されています。

職人さんがその腕で、時間と愛情を注いでつくったパンと、
誰もが簡単にできる料理の、スローでクイックなコラボレーション。
それは、わたしが一番、伝えていきたいことです。

職人さんのパンとあわせる何かいいものは、簡単でもいい。
たくさんの方においしい時間を過ごしてもらいたいなぁと思います。

|

March 06, 2009

桃の花、おぼろ月の夜

お花見というのは、桜に限ったことではないな、と思います。
桃を眺めながらの食事もなかなか。

Diary90305

テストキッチンで、新しいプレーンなパンを目の前に
それに合わせる「なにかいいもの」を考えていました。
家のキッチンで、自分や家族が食べるものをつくるのと
同じ気持ちで。わたしはいつもそこから始まります。

その後、別件で雨の中を歩いて工事現場に寄って
家につく頃には、すっかり冷え切っていたのですが
雲の切れ間からおぼろ月。しばらく見上げていました。
実際にはシャッターを切らなくても、そんな情景は
いつまでも心にとまっています。
花でも月でも、その一瞬、疲れを忘れます。

大阪のFour de hを取材したとき、シェフの天野さんが
日常の些細なできごと、記憶、お客さまから感受する
イメージをパンにしていると伺いました。
彼はきっと、心の中にたくさんの情景をもっているはず。

Four de hの記事は、執筆中です。

|

March 04, 2009

パン・オ・カグラザカ

次々と出店するメゾンカイザー。
最近は伊勢丹浦和店、松戸店に
ショップができたそうです。

先日木村さんにお会いしたときに、
「スターバックスみたい」と言ったら
「ちがいますよ」と即答、笑われてしまいました。
そこまで増えることはないのでしょう。

でも、こういうパン屋さんが
スターバックスみたいに角を曲がる度に
あったらいいなとわたしは思います。

パン屋さんもコーヒーショップも、
わざわざ電車を乗り継いで特別に行くところではなくて
もっと日常に存在してほしい場所だから。

Diary90304


写真は神楽坂店のパン・オ・カグラザカ。
バゲット・モンジュに始まり、通りの名前や町の名前を
つけたパンが、メゾンカイザーにはあります。

セーグル(ライ麦)のほろ苦さが、春の野菜と合いそうです。

|

March 02, 2009

BREAD(A Baker's Book of Techniques and Recipes)

Diary90302

ジェフリー・ハメルマンさんの"BREAD"を読んでいます。

日本版は製粉協会の竹谷光司さんと、日本パン技術研究所の井上好文さんが
監修、帯ではブロートハイムの明石さんとドンクの仁瓶さんが、カバーでは
カルヴェル先生とクリスチャン・ヴァヴレさん、NYのエイミーさんなどが、
この本を絶賛しています。それで予測していた以上に素晴らしい本でした。
パン職人でないわたしにも、人生で手にするうちの、意味ある一冊となること
と思います。

パン職人の仕事は、まったく新しいものを創り出す仕事ではなく
過去数百年の間に確立されてきたものを、よりよくするために
毎日繰り返し努力する仕事だということを、あらためて理解しました。

ぐっとくる言葉があちこちに。

ジェフリー・ハメルマンさんは、パンが焼けて教えられるだけでなくて、
そうしたパンをとりまく大切な事柄を、伝える言葉を持つ人なのです。

BREAD(A Baker's Book of Techniques and Recipes)
パンを愛する人の製パン技術理論と本格レシピ

|

March 01, 2009

菜の花の和えもの

Diary90301

家では三日と空けずに菜の花を食べます。
小さなすり鉢で胡麻や胡桃を摺って
芥子をちょっと加えた衣で和えて。
ほろ苦くてちょっと辛くて、パンにも合います。
マヨネーズを入れてもいい。
まろやかにパンに馴染むお惣菜です。

テコナベーグルワークスの速報記事をUPしました。
イートスペースでいただけるランチプレートには
切り干し大根のサラダなどもあって、家庭料理的な
温かさがありました。

速報【テコナベーグルワークス】代々木公園

|

« February 2009 | Main | April 2009 »