« 菜の花の和えもの | Main | パン・オ・カグラザカ »

March 02, 2009

BREAD(A Baker's Book of Techniques and Recipes)

Diary90302

ジェフリー・ハメルマンさんの"BREAD"を読んでいます。

日本版は製粉協会の竹谷光司さんと、日本パン技術研究所の井上好文さんが
監修、帯ではブロートハイムの明石さんとドンクの仁瓶さんが、カバーでは
カルヴェル先生とクリスチャン・ヴァヴレさん、NYのエイミーさんなどが、
この本を絶賛しています。それで予測していた以上に素晴らしい本でした。
パン職人でないわたしにも、人生で手にするうちの、意味ある一冊となること
と思います。

パン職人の仕事は、まったく新しいものを創り出す仕事ではなく
過去数百年の間に確立されてきたものを、よりよくするために
毎日繰り返し努力する仕事だということを、あらためて理解しました。

ぐっとくる言葉があちこちに。

ジェフリー・ハメルマンさんは、パンが焼けて教えられるだけでなくて、
そうしたパンをとりまく大切な事柄を、伝える言葉を持つ人なのです。

BREAD(A Baker's Book of Techniques and Recipes)
パンを愛する人の製パン技術理論と本格レシピ

|

« 菜の花の和えもの | Main | パン・オ・カグラザカ »

information」カテゴリの記事