« MOBAC SHOW 2009 | Main | パンゴハンからフルタイム、パンタイムへ »

February 26, 2009

大阪のパン屋さんで過ごす午後

大阪で、Four de hを取材しました。
ベストパンでも毎年人気のパン屋さん。

Four de hと、アド・パンデュースとタケウチで
三角形を思い描きながら歩きました。

初めてこのあたりを歩いたのは、20年(!)ほども前
勤めていた会社の本社へ、人生初の出張でした。
今とは全然違う仕事をしていたけれど、好きなもの、
目を向けるものは、あまり変わらない気がします。

Four de hについては、改めてゆっくり書きます。

*

夕方は友人や仕事先の人たちと待ち合わせで
ブランジュリタケウチへ。
相変わらずの行列、特に今はMOBAC会期中だからか
大きな鞄を持ったお客さんが多かったようです。

紅茶をのみながら靱公園をぼんやり眺めていた夕刻。
ヒトシゴト終えて、この大阪で最も平和な、くつろぎの
ひとときを味わいました。
書棚に置いてあるインテリアや建築系の本の
ラインナップもいい感じです。
紅茶は、ムジカさんでパンに合うように調合して
もらったというタケウチブレンド。

Diary902261

Diary902262


気がつけば、タルティーヌやクロックムッシュが並び……
旅先では断然、to goよりもto stayが好きです。
パンを最高の状態で、シェフおすすめのスタイルで
食べることができるから。

竹内さんが自分の足で歩いて探したという、タケダワイナリーの
サンスフルは、リンゴジュースを思わせるフルーティさ。
発泡に弱いわたしは、ほんのりと酔ってしまいました。

話が尽きないまま、店を出たその後はふわふわと
道頓堀でのタコヤキ・ナイトへと続いたのでした。


|

« MOBAC SHOW 2009 | Main | パンゴハンからフルタイム、パンタイムへ »

daily bread」カテゴリの記事