« パン好き犬の白い眉 | Main | 我喜歡的設計 »

December 18, 2008

雨の日の取材と象の鼻

Diary812171

昨日は遠方まで取材というのに
つめたい雨模様でした。
そんなとき、本気で専用車が欲しくなります。
パンを適切な状態で持ち帰れるし、車内はきっと
温かく、パンのいい香りで満ち満ちて。

でも雨の日の取材にもいいことがあります。
いつもよりほんのちょっとお客さんがすくなくて
店内にも厨房にもゆっくりした空気が流れているので
面白い話が伺えることが多いのです。

「おいしいパンの基準はいい匂い。
”クンクンクン、いい匂いがするぞ”ということで
鼻の長い象をイメージキャラクターにしました」
という薫々堂の店主、亀山裕子さんの口ぶりが
なんだかとてもかわいくて、温かくて、
だから再会を、とても楽しみに出かけたのでした。

Diary812172

このお店には象の鼻、ではないけれど
長い長いパンがあります。一番長いのは50センチくらい!
フランス直輸入のヴィエノワパンで焼かれる長いパンには
チョコやチョリソが入っています。
ヴィエノワにクープを入れるのが大好き、というのは
シェフの亀山修二さん。

Diary812173

お話を伺いながら、パンのいい匂いに包まれて
わたしは始終鼻を動かしていたかもしれません。

仕事場に戻った雨の夕方。自然光が足りず、撮影を諦めて
コーヒーを淹れ、ゆっくりパンをかじりました。

夜は久しぶりに"ashes and snow"
「象のお姫さまへ」で始まるコルベールの書簡小説を開きました。

|

« パン好き犬の白い眉 | Main | 我喜歡的設計 »

WORKS」カテゴリの記事