« キャラメルアップルパンケーキ | Main | パン好き犬の白い眉 »

December 16, 2008

モダンな白眉 

Diary812152

2003年の夏に、渋谷のVIRONを紹介する記事のなかで
ブラッスリーへの階段の壁にかかる写真のことに
すこしだけ触れました。
小麦農家やパン職人のモノクロの写真は、
その前を通るたびに、温かい気持ちになるのです。

その写真を撮ったパリ在住の写真家、兵庫達弥さんから
ご連絡をいただいて、記事を読んでくださったことを
知ったのは、いつのことだったでしょうか。

昨晩は、その兵庫さんの個展の内覧会に出かけ
ご本人にお会いすることができました。

セーヌ川のセガン島に1919年、当時もっともモダンな建築
として生まれたルノーの自動車工場は、70年後に閉鎖、
その後しばらく放置され、2004年、解体が始まります。
廃墟の寂しさ、と同時に新しい都市再生に向け、これから
また何かが生まれる気配、夜明け前の希望、のような
美しい光が、兵庫さんの写真のなかに記憶されていました。

わたしはまた、レトロドールの写真のときと同じように
その作品の中にどこか温かな視線を感じました。

Diary812151
夜のシャネルビルには兵庫さんの写真も映し出されています。

兵庫達弥写真展『モダンな白眉 パリ・セガン島』は
CHANEL GINZA NEXUS HALLにて、本日12月16日より、31日まで。
入場無料です。

わたしが好きなVIRONの写真は兵庫さんのサイトでも見られます。


|

« キャラメルアップルパンケーキ | Main | パン好き犬の白い眉 »

information」カテゴリの記事