« 朝食のテーブル、赤い実のゼリー | Main | 心の中で歌う »

December 11, 2008

もうすぐクリスマス、シュトレンの季節。

Diary81208


毎日のように降り続けていた欅の葉が、小降りになった
と思っていたら、テーブルに映るすっかり裸の木々。

クリスマスが近づくこの季節、今年もすでに何種類か
シュトレンを食べています。

アンデルセンのショコラーデはクランベリーやアプリコット
の入ったココア生地。かわいいニッセ(赤い小人)の
ギフトバックに入れると、ちょっとしたプレゼントになります。
父の職場のパーティのために注文したら、皆さんに好評だったようです。

クピド!のシュトレンは「ソーテルヌのなかでも濃厚な
オレンジのハチミツの香りを思わせるシャトー・ド・セギュールに
漬け込んだレーズン、オレンジピール……」その説明にうっとり。
貴腐ワイン、ソーテルヌやシャンパンと、とても合うそうです。
甘いお酒と泡の飲みものが得意でないわたしですが、これはちょっと
試してみたい気持ち……!
ほのかなオレンジの香りのする、このシュトレンは
来週あたりからオンラインショップで買えるそうです。

今はこちら「クピド!冬のお取り寄せセット」

シュトレンとは? 「ドイツのクリスマスとシュトレン」

|

« 朝食のテーブル、赤い実のゼリー | Main | 心の中で歌う »

information」カテゴリの記事