« パンをちぎる、という行為 | Main | クインビーガーデン メープルスイーツコンテスト »

November 04, 2008

メゾン ロミ・ユニとバビントンの想い出

Diary81104

レモン味のアイシングに目がない。

ケーキならばウィークエンド、レモンにポピーシード。
パンならば、レモンラスク。

クッキーに塗ってあるのも大好きで、だからメゾン ロミ・ユニで
それに出合ったときはニッとしてしまった。

「みんなアイシングが好きだってわかって……」とロミさんは
ワッフルやケーキにもアイシングをかける。あぁ!
レモンアイシング味のコンフィチュールはないだろうか。

レモンアイシングの甘酸っぱい味は、紅茶にとてもよく合う。
ロミさんのレモンクッキーは、今はなきバビントンティールームの
わたしが大好きだったビスケットを想い出させる。
うれしいことに、ロミさんもそのビスケットのことを知っていた。

そういえば、チクテベーカリーのマフィンも、バビントンみたいな
マフィンをつくってほしいという依頼から生まれたことを思うと、
あのお店はみんなの心のなかに大切に在るのだと思う。

Diary811043
ロミさんのレモンクッキー(100円)とサブレ・ブーランジェ(50円)
サブレ・ブーランジェは、自家製のバニラシュガーとシナモンを
ほんのりきかせてフランス粉でつくったその名も「パン職人のサブレ」

ほかにもおいしいお菓子やクイックブレッド、ジャムがいっぱいの
メゾン ロミ・ユニの記事をUPしました。
メゾン ロミ・ユニ【学芸大学】

Diary811042
むかいの中華料理屋さんのネオンが映りこんで
どこか遠い街を思わせるウィンドウ


|

« パンをちぎる、という行為 | Main | クインビーガーデン メープルスイーツコンテスト »

information」カテゴリの記事