« ガレット・デ・ロワの夜 | Main | Early Bird Delights »

November 15, 2008

ノスタルジーという名のチーズとホームパーティ

Diary811140

ノスタルジーというロマンチックな名前のついた
チーズを見つけたので、友人夫妻のところで
開かれたBBQパーティに持っていった。

Saint Marcellin NOSTALGIEは牛乳製なのに、
シェーブル?と、一口食べた誰もが感想を述べる。
マットな白い色味、目の詰まった感じに。
これは、クルミのパンに合いそうな味。


Diary811141

ヴーヴ・クリコから始まるBBQ。
男の人たちがElectroluxのグリルを囲んでいる横で、
テーブルの上の前菜を愉しみながら、ゆっくりとした時間が流れて、
シャンパンのあと、何もかもがおいしくて、6時間が経過。
気がつけば飲む人4人でワインが3本……嘘?と驚くほどに。

Diary811142

すっかりいい気持ちになった頃、Kさんが冷蔵庫から
出して見せてくれたのは、自分で起こしたパンの酵母。
彼がバターを切ってのせてすすめてくれたのは、
別のパンだったけれど、それもまた素晴らしくおいしくて。

普通に酵母を起こしたり、つめたいバターをナイフで切って
パンにのせる、という一番おいしい食べかたをしたり、
そこにはパンを愉しむ日常がありました。

K夫妻はいつもさりげなく実行する。
手間がかかる、楽しくて素敵なことを、
実になんでもない、普通のことのように。
それを見つけると、わたしはいつもほーっとなってしまう。
愉しむ人を見るのが好きだと思う。


Diary811143

ここのところ、茶道の稽古に熱が入るわたしのために
お薄までたててくださいました。

素敵な晩の締めくくりに。

|

« ガレット・デ・ロワの夜 | Main | Early Bird Delights »

daily bread」カテゴリの記事