« どこにもないパンの考え方 | Main | イングリッシュマフィンが食べたくなって »

October 24, 2008

何もなかった夜のバゲット

Diary81023

先日、借りていた傘を返しに、お菓子を持ってふらりと立ち寄った
友人のお店に、クローズする時間までお邪魔してしまうこととなり、
話が尽きないので、そのまま家に呼んでしまったものの、おもてなし
の準備など、な~んにもない!ということがあって、とりあえず
パンを温めて、オリーブオイルを添えたことがありました。

実際には、彼らが来る途中で、閉店間際のデリに滑り込んで
調達してきてくれた料理のおかげで、その晩のテーブルは
難なくととのったのでしたが。

冷蔵庫は保存のためではなく、ものを冷やすためにある
そう思って毎日買い物に出かけていますが、こういう予想外の
事態に対応できないのはなんだか悔しい。
この日のことを思うと情けなくなるのです。

でも、そのとき好評で、料理とお酒に小さな花を添えてくれたのが
アール・ドゥ・パンのバゲットカンパーニュ。
ワインとの相性も抜群でした。


アール・ドゥ・パンの記事をUPしました。

|

« どこにもないパンの考え方 | Main | イングリッシュマフィンが食べたくなって »

daily bread」カテゴリの記事