« 理想のマフィン | Main | ハロウィンの週末 »

October 29, 2008

America Cheese Festival 2008

Diary810291

アメリカ乳製品輸出協会主催、アメリカチーズフェスティバルが
九段下のホテルグランドパレスで開催されました。

会場はテイスティングサロン、料理コンテストの実技やセミナー
のスペースに分かれ、同時進行で賑わいを見せていました。
まさにフェスティバル。

アメリカにおいしいチーズがあることはわかっていても、
日本でのアメリカ産ナチュラルチーズはあまり印象にないなぁ……
と思っていたら、ここ数年、輸入量はハイピッチで増加しているのですね。
アメリカは世界最大のチーズ生産国でもあります。

その中でも今日は、伝統の職人技でつくられるアルチザンチーズ、
自家農場のミルクだけでつくるファームステッドチーズなど総称して
スペシャリティーチーズと呼ばれる小規模生産者のチーズを味わい、
その素晴らしさを知りました。

国際的な品評会でもこうしたチーズの評価はかなり高く、今年の
ワールドチャンピオンシップチーズコンテストでは77部門中46部門で
金賞、ワールドチーズアワードでは金銀銅あわせて56個のメダルを獲得
したそうです。すごい。

チーズプロフェッショナル協会会長の村山重信さんは「伝統を今に
凝縮したアメリカらしさ、生活型のチーズ」と言っておられました。

Diary810292
日本とアメリカのチーズの第一人者
村山重信さん、レジー ハイスさん


アメリカは大量生産のイメージが強いですが、その昔、ヨーロッパから
それぞれの国の伝統を携えて移ってきた人々がいて、それを大切に
継承している人々がいるのです。
そうだった。わたしはそういうアメリカが好きなのだった……と再認識。

村山さんのセミナーでは、NYのチーズの話が最高に魅力的でした。
知っているお店もいくつか出てきて、たまらなく行きたくなりました。

Diary810294
「グラン ・ケソ 」 マンチェゴに似た牛乳のチーズ。
リンドはパプリカとシナモンなのだそう。

さて、テイスティングサロンで、気にいったチーズをメモしてきました。


チーズコンサルタントでアメリカのチーズの第一人者である
レジー ハイスさんの日本未入荷のセレクションから、

* 「ドライジャック・リザーブ」(パルメザンと似たナッティテイスト)

* 「ルージュ・エ・ノワール ブリー」(米国で142年の歴史を持つマリーンフレンチ製)

Diary810295
* 「マスカルポーネ」(薄いレモンクッキーにのせると、罪な味)

Diary810293
* 「グリュイエール・スーショワ」(一番好きだったかも!)


村山さんセレクト、日本で販売されているチーズから、

* 「チェダー10Y ブラッククリーク10年熟成」 (アミノ酸のジャリっとした粒子を感じる)

* 「フラッグシップ」 (ワインのベストフレンドという相性を持つ)

これからパンの友達を探すときは、アメリカ産チーズにも注目していきたいと思います。

アメリカ乳製品輸出協会


|

« 理想のマフィン | Main | ハロウィンの週末 »

REPORT」カテゴリの記事