« メープルスイーツコンテスト | Main | Passage a niveau »

August 05, 2008

パトリスさんと対談

パトリス・ジュリアンさんと対談
という仕事がありました。夢のよう。

この仕事を始めたばかりの頃のこと、
今はなきC.F.A.ラ・ブランジュリのこと
など、懐かしく思い出します。

彼の本はわたしにとっていつも、仕事をする上での
そしてart de vivreの教科書でした。
なにかの折に、本棚から取り出してページを捲っては
普段の暮らしを丁寧に生きるその思想に触れました。

Diary808041

今回は『YEBISU STYLE』秋号のパン特集で
恵比寿ガーデンプレイスのさまざまなパンを
テイスティングして、最も好きなものを選んだり
愉しみかたについての話をする、というものでした。

あのあたりでベストといえば……。
行く前から、好きなパンが浮かんできました。
あの店のあのパン。
でもそれはもしかしたらパトリスさんも同じなのでは?
と思っていたらbingo!だったので、笑ってしまいました。
おいしいものは、おいしいのです。

詳細は秋にガーデンプレイス周辺で配られる
『YEBISU STYLE』にて。

パトリスさんは、試食だからといって手を抜かず、
ディナーの準備をするかのように、でもすばやく、
小皿にオリーブオイルを注ぎいれ、塩だけのと、
塩胡椒のと2種類の”パンを愉しむsomething good”
を作ってくれました。

そのときあらためて「そういうことだ」と思いました。

何気ないちょっとしたことが、その時間と空間を
ゆたかにするのです。ひとを愉しませるのです。
日々。今このときを、真剣に生きたい、と思います。

Diary80804

パトリスさん、カメラマンや編集スタッフの皆さまに
心から感謝。

パトリス・ジュリアンさんのサイト
Patrice Julian Official Website

|

« メープルスイーツコンテスト | Main | Passage a niveau »

WORKS」カテゴリの記事