« as Leafのパンとサンドイッチ | Main | 山の朝ごはん »

August 11, 2008

山荘のごちそう

オープンエアの食事は、おいしいものをよりおいしくする。
大切な誰かと一緒に食べると、もっとおいしくなる。

Diary808092

友人の黒田秀雄さん、民子さんご夫妻(All Aboutキッチン+
ホームメイドクッキングガイド)の山荘に遊びに行きました。

Diary808091


緑滴る森の庭をのぞむテラスでいただいた夕食は
パンとチーズとワインに自家製のスモークサーモン、
レバーやナスのペースト、実山椒の佃煮と生ハムのサラダ、
炭火焼のスペアリブなどなど。

パンはメゾンカイザーコシュカでバゲット、フィグのパン
などいろいろ調達していきました。
チーズはダナブルーとアベイドベロック。
アベイドベロックは羊乳製。コンテに似たコクのあるチーズです。

時折気まぐれに降る雨や、裏を流れる川の水音に
耳を傾けながら、ろうそくの灯り、炭の火を眺め、
料理を楽しんで、気がつけば夜も更けてワインが3本近くも
空いていました。

Diary808093

民子さんが話してくださる料理の話は楽しく、見習いたいことが
たくさんありました。「どこのブランドの何々を使って……」
ということがほとんどなく、季節の、土地のもので家族のために
手をかけて(ぜーんぜん大変なことはないのよ、といいながら)
日々の料理をつくるやさしいひと。

民子さんばかりでなく、秀雄さんも得意料理のスモークサーモンや
ベーコンなどに腕をふるってくださいました。
本業と少し違うところで、こんなにもプロフェショナルに。
素敵です。

本業といえば、秀雄さんが数年前にデザインした「エコキッチン」
拝見しました。曲げワッパのシンク、柄杓、七輪、スローなパン作りの
ための石臼までセットされた秋田杉のミニキッチン。

お金を払っても、食べることができないおいしいものは
家族や友人と楽しもうとする料理の中にあるのです。
その食事の記憶は、心とからだに永久保存され、タフでハードな
日のためのサヴァイヴァルキット、大きな力になるのです。

山の気温は約18度。薪ストーブの前で、食後のひととき。
連日30数度だった東京はもう、遥かかなたです。

眠る前、降るような星空を久しぶりに見ました。
短い夏休みの、素敵な一日でした。

|

« as Leafのパンとサンドイッチ | Main | 山の朝ごはん »

daily bread」カテゴリの記事