« 食のセンスある人たちの日常のパン | Main | 真夏においしい食べもの »

July 15, 2008

食パン対談@料理通信社

料理通信社にて、
サンジェルマンの山﨑豊シェフと食パン対談。
Diary807151

焼きたての食パンをいただきながらのアレコレは
料理通信10月号(9月発売)掲載の予定です。

試食した食パンにはポテトが練りこまれていました。
こんなにフンワリとソフトなパンは久しぶり。

焼きたてのときに感じることの多い発酵の香りは
ポテトの中に抱き込まれてしまうかわりに
バターの香りがほんのりと際立っています。
しっとりとしたやわらかさは、長持ちするようです。

山﨑さんは「必要ないものは使わない」ひと。
cf. 「おいしいパンに必要なもの」(2004)
そしていつも素晴らしいパンを焼いてくださいます。

今回は製パン性を高める素材としてのポテトを使って。
貴重なお話が伺えました。

Diary807153

対談後は編集長の君島さんらとNY直送のクニッシュ
(ユダヤ人街で売られているポテトスナック)を
いただきながら、楽しい雑談のひとときを過ごしました。

いつもながら、質の高い情報の詰まった『料理通信』の
舞台裏、君島さんの丁寧な仕事に畏敬の念を持ちます。

日々お会いする素敵な人たちに感謝。
勉強になることばかりです。


|

« 食のセンスある人たちの日常のパン | Main | 真夏においしい食べもの »

WORKS」カテゴリの記事