« みんなが楽しいものを目指して | Main | パン窯職人の仕事 »

July 05, 2008

コラボレーション@Bread+something good

学生時代、広告代理店でアルバイトをしていたことがあります。
そのとき体験した食の撮影現場の空気、心奪われたさまざまな
ことが急に蘇ってきました。

Diary807041


今度OPENするパン屋さんのための撮影は
朝から日が傾くまで、自然光の中で行われました。

被写体はパン(食品)というよりパンのあるシーン(食事)。


Diary807042


わたしは厨房チームを始め、カメラマン、スタイリスト、
デザイナーの皆さんに、ラフスケッチではなく
いつ、何を、どんなふうにという言葉を渡すことで
シーンのイメージを共有してもらいました。


Diary807043

Bread+something goodのコラボレーション。

スタイリングによって、店のコンセプトイメージが
ふんわりと加味されたことに、感動しました。
いよいよこのプロジェクトも仕上げの段階に向かいます。

Diary807044


調理、スタイリング、撮影、デザインを、
それぞれのプロフェショナルが担当するというのは、
こういう感じなのだと実感します。
普段は孤独な作業が多いので、こんなにたくさんの
素晴らしい人たちと仕事できることが、本当に嬉しい。

今、とても感謝しています。

|

« みんなが楽しいものを目指して | Main | パン窯職人の仕事 »

WORKS」カテゴリの記事