« おいしいパン屋さんの7つのSの話 | Main | Club de Saint-Honore »

June 27, 2008

Bread+something good 2008

Diary80626


打合せをしたイタリアンレストランで
ローズマリー入りの平焼きパンを前に
また、フォカッチャとチャバッタ談義。

先日6月14日のメールマガジン「テーブルで世界旅行」で
取り上げたこの2つのパンの違いについて、さまざまな
見識者に伺って行くうちに、わたしの天板焼き、直焼き説は
既に2度ほど翻されました。

時と場所とを設定しなければ、この答えは出せないかも。
パンの文化の面白さです。

*

わたしもこのパンのように、そのものズバリという
肩書きが定まらないままに、仕事を続けているかもしれません。

その芯にBread+something goodというテーマがあれば
いいかも、と思えたのは、最近のことです。

パンは、おいしければどちらでもいいよね。

打合せは、今年の自主企画の仕事。
自発的に始めることは、ご依頼をいただく仕事とは
違う厳しさがありますが、すり足でも進んでいく
楽しみを見つけ始めています。

|

« おいしいパン屋さんの7つのSの話 | Main | Club de Saint-Honore »

WORKS」カテゴリの記事