« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

December 31, 2007

丹波の黒豆と最北端の黒糖

福岡の友人からのいただきもの、
「日本最北端の黒糖」を使って、黒豆を煮る。

 

あとはこのまま一昼夜。
おいしいパンにも良く使う
時間という素材をいれるだけ。

 

今年不作という丹波の黒豆は、スーパーマーケットで
一番いいのを買った。その名「飛切」と書いてあった。

 

年々簡略化する我が家の正月料理。
今回は一点豪華主義で行きましょうか。

|

やわらかいパンが食べたい気分

先日「最高のバゲットの甘美な味わいかた」
でハード系について書いたけれど、逆に
ソフト系、やわらかいパンの気分の日もある。

 

例年通り、年の瀬押し迫って
まだ仕事に埋もれて、ため息をついている時。
体調を崩して快方に向かう時。

 

 

ブロートハイムの「こどもパン」はよかった。
こどものためにつくられていたとしても
その温かさに、大人もやさしく包まれる。
ことに、つながっているパンは。
パンのひとかたまりを、つながるパンの
ひとかたまりからはがす時、隙間にもおいしさがある。
ほら、ひらひらした生地がはがれる、そこのところです。

 

ソフト系は、何かと合わせて食べるのではなくて、
そのまま、それだけでいい。

 

 

元気が出てきたら、ハード系を楽しもう。
昨日のブログに書いた田舎パンのいろいろ。
すべてクラストが薄く、生地はやわらかく
とてもいい香りがするのが共通点。

|

December 30, 2007

いつものパン。町のパン屋さんの理想のかたち。

ブロートハイムで新年のパンを、と思ったら
食パンは売り切れ。大好きなペイザンは夕方の焼き上がり。
予約しておけばよかった。

 

でもカンパーニュ、カンパーニュコンプレ、ロデヴなど
朝の食パンの代わりにもなる軽い感じの田舎パンが
他にもいろいろあるので、大丈夫。数種類を選んだ後で
レジの横で甘いお菓子をひとつ、というのがわたしの決まり。

名前の中の「アプリコーゼン」だけ覚えているそれは、
アンズをはさんだふわふわのケーキ生地が
砂糖衣のかかったデニッシュで包まれている。

 

ここに来ると、わたしはいつも、何か一つ甘いものを買う。
パン屋さんのお菓子が大好きだ、と思う。

 

ブロートハイムは今年、大晦日は休みで1日~3日は営業とのこと。
「お正月も、焼きたてのパン、食べたいでしょう」と明石さん。

この町の財産といえるパン屋さんだ。

 

今年20周年を迎えた記念に、つくったというトートバッグは
ただのエコバックではなく、しっかりとパンを守ってくれる優れもの。
袋を持っていくとパンがちょっと割引になるのも嬉しい。

 

いつものパン。町のパン屋さんの理想のかたち。

|

December 29, 2007

枕にもなる食パン

豆頬髭犬の最近のお気に入りは、ふわふわの食パン。
かじると、キュキュ!と音がする、
食べられないけれど、枕にはできそうな、

ソフト系のおもちゃです。

|

最高のバゲットの甘美な味わいかた

地下鉄などで手に入る、フリーの雑誌、L25の
少し前の号で「最近人気のハード系とは」
といった取材を受けました。

 

いわゆるフランスパンのように小麦粉、水、酵母、塩といった

シンプルな配合の生地をオーブンで直焼きすると、
ハードな食感のパンになります。

 

All Aboutのベストパンでも
ハード系の揃うパン屋さんはいつも人気です。

 

ハード系の王様格といったらバゲット。

なかでもベストパンの一番人気は、今年も

VIRONの「バゲットレトロドール」でした。

 

「バゲットレトロドール」をよく知る人がそろって

すすめてくださる食べかたがあります。

それは、ほの甘い生クリームをつけて食べること。

 

その食べ方を読者コメントの中にも見つけたので
掲載させていただきました。

 VIRONのブラッスリーに行ったら、
実行してみたくなるに違いありません。

 

さて、このバゲットを一番おいしく味わうための切り方
5~6センチにカットしたものを縦割り、なのだそうです。

 

 覚えておきたい、甘美な味わいかたです。

 

|

December 28, 2007

食べ歩き関西のベストパン

食べ歩き(関西)サイトの記事で昨日発表された
「グルメ・オブ・ザ・イヤー」。

 

パン部門は、ブランジュリ・タケウチが、グランプリを受賞したことを
ガイドの麻生玲央さんから連絡いただきました。

麻生さん自身、朝食にタケウチさんをよく利用されるとか。


朝食にタケウチさんのパン。いいな。
昼食でもいいな。

考えてみたら夕食でも……いいな!

 

わたしが関西で気になるお店をいくつかお伝えすると
麻生さんはそのすべてのお店別に、個人的に好きな
パンを教えてくれました。かなりの「パン好きさん」とみました。

 

そういえば先日仕事でお会いしたある飲食店の店長も、
関西のパン屋さんにかなり詳しかった。

「僕はここの店ではこれ、と決めて買いに行くんです」
といくつかのお店を熱心にすすめてくださいました。

最近、パンが好きな男性が増えているかも。

 

そして関西。ますます行きたくなってきました。

 

食べ歩き(関西)「グルメ・オブ・ザ・イヤー」

 

|

December 26, 2007

今年人気が集まったおいしいパン屋さん

お待たせしました。

 

年末恒例、読者が選ぶ、お気に入りパン屋さん
ベストパン★2007を本日、発表しました。

 

ベスト10にランクインした人気のパン屋さんのなかで
わたしがまだ行ったことがないお店が一軒あります。
来年は行くことができたら……!と思います。

 

読者のかたからのコメントを読むと、興味をそそられる
お店もたくさんあります。

 

わたしは一日のうちに、わずか2軒くらいしか取材できない
ようなので、おいしいパン屋さんがたくさんある地域に行ったら
長期滞在するしかない、と思います。


でも、そんな贅沢な取材旅行がいつか、できたら素敵。

 

ベストパン★2007結果発表

|

December 20, 2007

日本のシュトレン2007 進化あるいは浸透のかたち

子供のころ、本で見たシュトレンは、焼きあがったものに
溶かしバターを塗り重ねる工程が、魅力的に思えました。
当時はシュトレンを売っているパン屋さんは
身近になかったように思います。

 

いつしか、12月のパン屋さんの店先に見かけるようになり
ここ2,3年では日本ならではの趣向を凝らした創作シュトレンも
多くなってきました。

 

土地の柑橘類や栗や豆、蓬や抹茶をつかったもの、
コーティングにも和三盆、きび砂糖、黒糖、きなこ……。

 

シュトレンがドイツの人をはじめとして、多くの人にとって
思い入れのある伝統菓子であることを思うと、最初の頃は
これでいいのかと戸惑いもありましたが、これがおいしいので
この頃は「さすが、日本人」と思います。

 

外国のいいものを取り入れてアレンジして
自国のいいものにしてしまう技術はたぶん、世界一です。

 

マリアージュ ドゥ ファリーヌの”和み”はヨモギの生地に
紫花豆、大納言入り。キナコと和三盆のコーティング。
お正月にもいい雰囲気です。ひとくちで感動します。

 

大量販売するためのアレンジには問題点が生じることもありますが

創作好きな職人が究めたアレンジには惹かれるものがあり
この際、別の名称で季節ごとに販売しても良いのではと思ったりもします。

 

*

名称といえば、2002年からわたしは「シュトレン」と
表記することに決めています。

 

その前は何の考えもなく「シュトーレン」と書いていて
「シュトーレンではなくてシュトレンです」と何人かの
有識者の方からご意見をいただきました。
ドイツ在住の日本人などです。
それで大学の先生やドイツ人にも確認をとりました。

 

個人的には、外来語としてカタカナになっている言葉は
既に日本語であり、伝わるならいいと思います。

でもメディアでとりあげる場合には違ってきます。
(もちろんその店の商品名であればそれに従います)

 

ちなみにこの秋、ドイツ国立製パン学校で開催された
シュトレンセミナーの、日本パン技術研究所によるレポートの
最初に同研究所、所長の井上好文さんにより、以下のように
書かれています。

日本では一般に『シュトーレン』と呼ばれていますが
本場ドイツでは『シュトレン』の発音のほうが近いということです。


 

 詳細はこちらにも。ドイツのクリスマスとシュトレン

 

 

|

December 19, 2007

冬のパン手帖

新宿の紀伊國屋書店に『日々のパン手帖』が飾ってありました

と、父からのメール。
紀伊國屋さん、ありがとう。


*

そういえば先日、嬉しいことがありました。
仕事先でお会いした男性が、『日々のパン手帖』を
読んでくださっていて、こまかい感想をいただけたのです。

 

たとえば、映画に触発されてつくった
ストロベリートーストについて書いたくだり。

「あれはメグ・ライアンの映画でしょう」
などと読み込んでくださっていて。

 

男性にはちょっと甘すぎるかもしれないロマンチックな映画。
なんだかいいなぁと、ニッとしてしまいました。


*

わたしはずっと、
どこの店の何を買ってきてそのまま食べる、ではなく
買って「なにかいいものをプラスして」食べるという手間、その時間、

パンと自分とのコラボ、ヒトシゴトの愉しみを、手帖にメモするように

表現してみたかった。

だから料理本ともエッセイとも違う本になったのかもしれない
……と今、思います。

 

 

『日々のパン手帖』に載せた「ウィンターハニートースト」
のためのユズの蜂蜜漬けの季節です。

最近は毎日、これをいただいています。

 

 

日々のパン手帖 パンを愉しむsomething good

|

ルビー色のペストリーと、ベストパン集計

アンデルセン「パンを楽しむメニューコンテスト」
参加賞にもなった、ルビー色のペストリー。
はがきをいただいていたのを、ようやく交換しました。

 


ルビー色のペストリーは40周年を記念して発売されました。
ラズベリーとクリームチーズの甘酸っぱさが
サクサクの軽やかな生地とぴったり調和しています。


アンデルセンといえば、ブラックチェリーのペストリーが
人気の定番ですが、こちらはそれを超えるペストリーに
なるかも。


*


ベストパン★2007、ようやく集計が終わりました。
ご協力くださった皆さま、ありがとうございます。


いま、投票理由や好きなパンについての
1000通を越すと思われるコメントをひとつひとつ
読ませていただいているところです。


なかには、


このパンをこういうときに食べます
こんな風にして食べると最高です


といったようなコメントもあって、そんなふうに
楽しまれている様子が素敵だなぁと思ったりしながら。


発表はいただいたコメントとともに、今年中に。

早く皆様にお伝えしたいです。

|

December 17, 2007

東京カンパーニュ販売会@kissanico

駒沢公園のkissanicoでナショナルデパートの
東京カンパーニュ販売会。

 

kissanicoは東京で唯一、ナショナルデパートのパンが
いただけるカフェですが、販売会では秀島さんが岡山から
出張してこられて、パンの販売もするのです。

普段のメニュー。(カンパーニュとライ麦パン)

 

今回はそれに加え、あの炭火焼メニューが登場したそう。
「どこでも買える素材でシンプルに楽しむ」をテーマに
ガーリック、塩漬け豚、チーズ……といった+something good
でサーヴされたパンは、どんなにおいしかったことでしょう。

 

わたしがカフェに到着したのはおもてが暗くなってきた頃。
パンは完売、お客さまたちも帰られた後にふらりと伺いました。

秀島さんご夫妻

 

今回All Aboutの記事で紹介した「冬の贈り物」の中にも入っている
新作絵本など、見せていただきながらお茶をのみました。
ひとつの大きなパンを皆でシェアしていくストーリーのテーマは
前作同様、そしてこの絵本を地で行っているのが秀島さんご本人
なのかもしれません。

 

明日は岡山で引き続きイベントがあるということで
羽田へ向かう多忙な秀島さんたちをお送りしながら
楽しいひとときがもう少し続きました。

 

ホテルのイルミネーションが綺麗

 

*

kissanicoは、行ってみて気がついたのですが
マリアージュ ドゥ ファリーヌのすぐそばでした。 

一仕事終えられてお掃除中の須藤さんのところへ

ちょっとお邪魔しました。

あまったバゲットでつくるおいしいパンペルデュのアイデアを

いただきました。今度やってみたらご紹介します。

 

今年の「冬の贈り物」企画。ブレッド&サーカスに続いて
ナショナルデパートも販売終了しました。

マリアージュ ドゥ ファリーヌの「冬の贈り物」は今のところは
数を限らない1月までの企画となっています。

 

|

December 16, 2007

エキナカのマフィン屋さん Muffinari's @ Dila三鷹

16日にJR三鷹駅にOPENする商業施設Dila三鷹に、

青山のマフィン専門店A.R.Iのレシピで焼かれるマフィンの店が入った

ということで、金曜のプレスデーに取材してきました。

マフィナリーズのマフィンはスイートマフィン9種とお食事マフィン9種。
お食事マフィンは「あめ色玉ねぎ」「ローストガーリック」「ゴルゴンゾーラクランブ

ル」「サーモンクリームチーズ」など、ちょっと驚くユニークなラインナップ。
スイートマフィンは「バニラビーンズ」や「ブルーベリークランブル」「レモンカード」など、

こちらはNYのマフィンをちょっと繊細にした感じです。
イートインのスペースで飲み物と一緒にいただけます。

 

子供の頃からマフィン好きで、NYといえばマフィン、かつて一緒に暮らしていた

犬にもマフィンと名づけてしまったわたしです。


いつか日本でも、大きくてほろほろしていて、お菓子ではなくて、手づくりの

素朴な表情のマフィンが食べられたらいいなと思っておりました。

 

思い起こせば15年~20年も前に、いいなぁと思っていたもの。
きっと、同じように思った様々な人のなみなみならぬ情熱で、時を経て、

しっかりと日本に入ってきているのを感じます。

それは食に限らず。日本人のすごいところだと思います。

さて、マフィナリーズ。大きくて素朴な味を楽しめます。
どれもおいしいですが、個人的にはスイートマフィンのバニラビーンズや

ブルーベリークランブルがいいと思いました。

 

向かいには創作自然瓶詰食品のセルフィユがあります。
パンにあわせるなにかいいもののお店。
ジャムばかりではなくて、ディップやペーストも多種揃っています。

 

こういうものがエキナカにあるのですから、駅利用者の日常はどんどん

便利に楽しくなっていくこと間違いなしです。

 

マフィナリーズ

 

|

December 15, 2007

九州へ!

福岡で仕事があって、出張していました。

 

空き時間を利用して、パン屋さんの取材をさせていただきました。
いつか店を訪れて再会することを楽しみにしていた職人さんたち……!

 

そのまた合間に、友人知人が会いに来てお茶を飲んだりして
ほっとするようなひとときを共有してくれました。
それは福岡空港まで続きました。
幸せ者です。

 

見聞きすることをひとつひとつ学んでいたような気がするのは
そこに素敵な人たちの存在があったからだけではなく
体が旅のモードになっていたせいかもしれません。


情報過多なこの世界では、防衛策として自らアンテナを鈍らせて
いるようなことがあるのです。
それを旅先では気持ちよく伸ばしている自分に気がつきます。

|

日々のカンパーニュ

先日のメールマガジンで、サプライズのある「パンの贈り物」
について書きました。

 

最近紹介した3店の「パンの贈り物」にはわたしの大好きなパンと、
いまだかつて見たことも食べたこともないサプライズのあるパンが
入っている、という話。

 

それぞれのパンの贈り物はこちらにあります。

ブレッド&サーカス

ナショナルデパート

マリアージュ ドゥ ファリーヌ

 

大好きなパンについて、メルマガで省いたのでここに書きます。

 

大好きなパンは、日々食べたいパン。

 

たとえばこのカンパーニュ。
朝のトーストとしても優秀です。

 

マリアージュ ドゥ ファリーヌといえばヴィエノワズリ系の
ゴージャスな雰囲気を湛えたパンに気持ちが行ってしまいがち
だけれど、こういう日々のカンパーニュもあるということを
たくさんの人にお知らせしたいと思うのです。

 

 

 

先ごろ読んだ本に、「日々」とは永遠を意味する
というようなことが書いてあったことについて、最近ずっと考えています。

 

|

December 09, 2007

創作シュトレンとパッケージ

今年もいろいろなシュトレンに出合います。
贈り物とされることも多くなってきたので、パッケージも
デザイン性のあるものを見かけるようになりました。

味だけでなくてその包装が個性的で素敵だったのは

赤坂のベッカーズディライト。

 

「カジュアルだけどシックな」イメージで販売された
黒糖コーティングのシュトレンは人気があって
既に完売してしまったそうなのですが
黒砂糖のコクとライ麦生地、ゆずピールが絶品でした。

 

スタンダードなクリストシュトレンのほうは
12月25日まで販売されています。

ドイツの思い出も添加されていますか?とお聞きすると

「スタンダードな方も伝統的なものと比べると
やや創作的なものになっています。
僕の中でシュトレンつくりは一番難しい」と

ベッカーズディライトの竹村さん。
ドイツで素敵な冬を過ごした人はみんな
シュトレンに並々ならぬ想いを持つようです。

 

パッケージといえば三番町のBOULANGERIE A
シンプルなシルバーのパッケージに黒いシールが

スタイリッシュでした。

 

毎年どなたにもおすすめしているのはZOPF。
今年は、ほろ苦く甘いココアのシュトレンです。

|

December 08, 2007

グレイスの誕生日とスリードッグベーカリー

小豆頬髭犬グレイスの誕生日。

小豆頬髭犬は小さなミニチュアシュナウザー。
造語です。


グレイスという名は優雅な犬を想って名づけたものの
最近ではすっかりグーちゃんという呼称が定着しています。

 

毎年うっかりしてしまうのを、今年は忘れずに、
スリードッグベーカリーのあのかわいい
デコレーションケーキでお祝いをしました。

 
この秋、友人に撮ってもらった素敵な一枚。

 

*

夕方までアドバイザーとして商品開発の会議に出席していました。 

始まりから白熱した会議は3時間と少しの間、続きました。

 

実現されること、されないこと。
聞き入れられない意見のほうが多いのが現実です。
わたしが夢を語っているからかもしれません。
実現可能だとどこかで信じながら。

帰り道、自分が持つ微かな力の作用
言葉の行く先についてずっと考えていました。

 

わたしの言っていることが、今ある強大な何かにたいして
即効性のある変化をもたらすことはないかもしれません。

でも、変えたいと願ったこと、懸命に言葉にした想いは
無駄にはならないはず。
いつの日か少しずつでも実現に向けて変わっていく
きっかけとなるのなら、この機会を大切に考えたいと思うのです。

 

 

|

December 07, 2007

日本の伝統のパンの贈り物

昨日おみやげにいただいた銀座木村屋の
酒種(さかだね)あんぱん。

銀座で140年近い歴史を持つあんぱんです。

わたしは昔から漉し餡が好きです。
トッピングはケシの実や桜の花の塩漬け。

 

パンの贈り物といえば……

数に限りがあったので、メールマガジンでだけ、
記事の公開をひっそりとお伝えした
パンの贈り物【ブレッド&サーカス】
あっというまに完売してしまいました。

残念ながら限定の20名に入らなかった方のなかには
すでにこのお店のファンの方もおられると思いますが
今回の記事を読んで初めて興味をもたれた方も
おられることでしょう。
今後、湯河原に行くときの楽しみや、ブレッド&サーカス
のホームページを訪れるきっかけとしていただけたら
と思います。

そして今日はまたひとつ、パンの贈り物をご紹介しました。

本日公開!

|

December 06, 2007

パンの消費者座談会

パン菓新聞社の新年の企画で、消費者対談会があり
コメンテーターを務めました。

 

集まったのは20代から40代の6名の消費者の女性と
特別ゲストに女優のTさん。
パンのマニアではないけれど、パンが好きで、
家の近くにおいしいパン屋さんがあったらなと
思っている人たちです。
興味深い話をたくさん聞くことができました。

 

パンの選び方にも食べ方にもそれぞれこだわりがあって
それぞれの家族の嗜好もあって、おもしろい。

 

そして、おいしいパン屋さん情報には
パンマニアならずとも瞳がいっせいに
キラキラするものなんだなぁと
彼女達をみていて思いました。

 

はじめまして、の人たちの間にある緊張感は
パン屋さんの話題の楽しさが解いてくれるものです。

 


今朝のパン。

 

来週まで仕事モードが続きそうです。
こんなときこそ、息をつめないように、楽しめたら、と思います。

 

外でする仕事は、PCに向かう仕事と
からだの別のところを使うのでしょう、
うまく組み合わせると、休まるようです。
(やせがまん?)

 

昨晩は深夜までフリーペーパーの校正
今晩も原稿を書きながら、メールと
携帯メール(最近やっとできるように!)で
打合せをしています。
少なくともひとときをシェアする相手がいる
この今も素晴らしい仕事をする人がいることは
がんばりにつながります。

 

仕事にもどります!

 

|

December 05, 2007

冬の日の撮影

パン屋さんや洋菓子屋さんが忙しい12月。
人気のお店はとくに忙しいと思う。
それなのに、お仕事を依頼してしまう。
申しわけないと思いつつ、今年は3軒の名店に
無理をお願いして特別にお取り寄せセットを
つくってもらった。

 

1軒目はおいしくて楽しい。心を温かく満たす。替えがきかない。
2軒目は独特なセンスがある。シンプルモダン。やさしさと強さ。大きな大きな愛。

 

今日は最後の3軒目の撮影日。

晴れますようにと願って見事に晴れた。
雨女の願いもときには叶うのかもしれない。

 

今日撮影したパンたちは、ヒトコトで言えば、かわいい贅沢。
菓子職人と料理人とパン職人がコレボレートしているような
でもそれは同一の職人の中に存在している才能。すごいと思う。
幸せな職人さんとそのチームがつくるパンたちは、ほんとうに、贅沢。

 

とびきりラブリーなカンパーニュは
特別にお願いしてつくっていただいた。
その他、至福の朝食を約束する食パンや
かわいらしいスイーツや、ワインパーティのためのお楽しみの数々。
さすがのラインナップ。ため息。

 

ああ、原稿を書く前だから、感じたてのホットな印象をそのまま
日記に書いてしまっています。お店は今はまだ内緒ですが
今週から来週にかけて、すべて公開する予定です。
ホリデーシーズンに間に合うように。

 

どうぞ、お楽しみに。

 

|

December 01, 2007

パンを楽しむメニューコンテスト受賞作品

アンデルセンのホームページで
パンを楽しむメニューコンテストの審査風景や
受賞作品
が公開されました。

わたしの作品。↑

 

先日、この様子が広島のTVに少しだけ映ったのですが
緊張していたはずなのに、
「もう、ここにいるというだけで夢のよう!」
と言って楽しんでいる様子でした。不思議。

 

夢といえば。

広島に向かう途中、夢のように美しい風景を見ました。

 

まだ暗い早朝だったので、鞄の中に大好きな
デーツとイチジクの甘めのパンのバターサンドを
朝食用にもって出かけました。

飛行機の中でそれをおいしく食べながら見下ろすと
見渡す限りの青空と、眩しく光る雲と富士山の頂上だけが
そこに在りました。

 

生まれて初めて飛行機に乗ったとき
「雲の上はいつも晴れなんだ」と思ったことを
思い出しました。

 

パンを楽しむメニューコンテスト

|

« November 2007 | Main | January 2008 »