« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 30, 2007

ハニーレモンとオープンハウスの夜

ノンケミカルのレモンを買ってきたので
スライスして瓶にいれて、
とろとろとハチミツを注いだ。

そのままでも、水で薄めても、紅茶にも
そしてバタートーストにプラスするとおいしい
柑橘系の味。

*

夜は、オープンハウス。
こういうのは初めてだった。
コーポラティブハウスの隣人たちが
入れ替わり立ち替わり訪れて
お酒とお喋りで楽しい夜更し。

食事はすんでいるけれどパンで「なにかいいもの」を
というときには、素焼きのラスクがあるといい。
レーズンやナッツの入ったリーンなパンを
低温でゆっくり焼いておくのだ。
チーズとクラッカーを持ってきてくださったかたが
いて、ドライフルーツなど用意しながら、ふと思った。

|

パンが大好きな方にお知らせ

メールマガジンを購読されているかたには
一足先にお知らせしましたが、ここにも書きます。

カリフォルニアレーズン協会が主催する製パンコンテストで
今年は消費者審査員を3名募集しています。
レーズンパンが大好きなかた、詳細はカリフォルニアレーズン協会のサイトをご覧ください。

今日のピックアップ: メールマガジンでは月2回最新情報や美味しいパンのお話をお伝えします。

|

April 28, 2007

普通のパンとメッセージ

2007年の日本の「普通のパン」とはどんなパンだろう?
地域や生活スタイルによっても、それぞれの思う普通は異なる。

こだわり情報過多気味。もっと普通にパンを食べたいというひと、
どのお店に行っても普通のパンを探すというひと、
自分が焼くパンが自分にとっての普通かもしれないというひと。

感想メッセージをくださった皆さま、ありがとうございます。

外国の話も面白かったので久しぶりにご紹介します。

メグミさん
今、オランダに住んでいるのですが、美味しいパン屋さんを見つけると、
ホント嬉しくなります。でも、日本のように、アレもコレも買いたく
なるようなパン屋さんは少ないかも。日本て素敵と思う今日この頃です。
またの記事、楽しみにしています。

Urchinさん
普通のパンって、難しいですよね。
その時々によってみんなの好きなパンは変わっていくし、みんなが普通と
思うパンも変わっていきますものね。
昨日までマレーシアに行ってました。(中略)
ここでの楽しみはパンがどれだけおいしくなったか、というのを探索する
事なのです。昔は普通の食パンしかありませんでしたが、何年か経るにつけ
色々なパンが出てくるようになりました。
でもまだ今は変わりパンが人気を集めている段階のようで
本当においしい、しばらくかみしめていたくなるパンはまだ登場していない
ようです。今のところクアラっ子の凝ったパンで、まだまだ大量生産のパンが
普通のパン、ということのようです。
そのうち粉から気を使って、かみしめたいパンが出てくるのかな、
それとも食習慣の違いからそうはならないのかな、と、
ちょっと今から楽しみなのです。


ほかにも、
抹茶さん、野の花さん、fujiさん、パンダちゃん、
きみどりさん、バナナミルクさん、しなもんさん、
メッセージをありがとうございました。

いろいろな種類のパンから選ぶのは楽しいことには違いないけれど
まずは自分にとっての普通のパン、一番大事なパンがあったうえで
のことかもしれない。

今日の写真は23日の日記に書いた「やさしいクリームパン」
のお店のバゲット。OPENが楽しみです。

|

ドイツの白パン

14日に書いたパン屋さんに取材に行きました。
日記に書いたときは大きなライ麦パンを4種類、
味わったところだったので、「ドイツパン屋さん」と
書きましたが、今、お店では白いパンのほうが多いので
一般的にイメージされる、ずっしりした黒パンが
何種類も並ぶ「ドイツパン屋さん」とは違うかもしれません。

ベースはたしかにドイツにあります。
古くからある神戸のパン屋さんに、ちょっとドイツの匂いがする
というのと似た感じかな。いま、的確な言葉が思い浮かびませんが
プレーンなプチサイズの白パンが揃っているのが、うれしい。

今までに取材したことのないタイプのパン屋さん
BECKER'S DELIGHT。これから記事にします。

そうそう、ここにはおいしい「普通の食パン」がありました。
そのままで美味しく、トーストするとサクっと軽くなります。

|

April 25, 2007

丸の内の新名所

丸の内にまた美味しいパン屋さんがOPENします。

27日にOPENする新丸ビル地下、
POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)。
淺野正己シェフプロデュースのパン屋さんです。

デュヌラルテ、ダンディゾンに続く新店で、今回もスタイリッシュ。
早速取材です。パンが美味しく感激。ワインも飲めるのです。

同ビル内には神戸のイグレグプリュスも関東初出店ということでOPENしていました。
パンを眺めていたらラベイユの白仁田さんとばったり。
イグレグプリュスの向かいには知る人ぞ知る荻窪の小さなフレンチのお惣菜やさん、ル・ジャルダン・ゴロワがあって、びっくり。

さまざまなお店のオープンが続きます。

|

やさしいクリームパン

MOBACで知っている機械屋さんすべてを巡り
一緒にオーブン探しをしたパン屋さん。
無事に決まったときは、よかったよかったと
小躍りしてしまいました。

連休明けにOPEN予定で今はテストベーキング中。

ふんわりとやさしい気持ちになる
クリームパンをお土産にいただきました。

|

April 22, 2007

フードフランス

2008年は日仏修好通商条約から150年の年なのだそうです。

フランス政府観光局「わたしにごほうびフレンチライフスタイル」の記者発表会に出席しました。

昨年に続き、来週からブノワで開催されるグループ・アラン・デュカスの「フードフランス」のプレゼンテーションもありました。

以前も書きましたが、フードフランスとはFood France(フランス食)とFou de France(フランスに夢中)をかけた造語。フランスのさまざまな地方のシェフがワインと思想を持ってやってきて、料理を披露してくれるという文化イベントのひとつです。

フードフランス公式サイト

今週のわたしも一種のFou de France状態。
火曜日にアルザスのパン屋さんたちから今度開通するTGV東線でパリからアルザスへの移動時間が短縮されるというお話をうかがいましたが、きょうもその話で盛り上がっていました。
フランス熱が高くなれば、フランスのさまざまな地域への気持ちの距離も高速で縮まっていきます。

写真のコブタはレセプションの行われた青山のブノワにて。

料理記者でパティシエールのSさん、フランス菓子研究家のOさんの傍でスイーツ談義に耳を傾けながらデザートをたのしみました。勉強したいことがたくさんある、と思う一日でした。


今日のピックアップ: フランス政府観光局

|

be 東京ミッドタウン店

東京ミッドタウンにOPENしたブーランジェピシエbeの2号店
プレスパーティに出席しました。

ミッドタウン店限定商品のTOFUというお惣菜は
テイクアウトできる三ツ星レストランのテイスト。
きょう初めていただきました。

名前のとおり、豆腐をイメージしてつくられた
サラダのような、スープのような、ムースのようなその料理。
豆腐を使っているわけではないところが面白いです。
グリンピース味がとても美味しくて気にいりました。

beのパンはしっかりとした職人文化を感じさせる味でありながら
料理人の発想による遊び心があちこちに。
シンプルながら、他にない味わいを楽しめます。

「セーグルオーベルニャはもう召し上がりましたか」とアラン・デュカスさん。
やはりここでも一番のおすすめかもしれません。
プレーンのほか、オレンジに代わり、レーズンが登場していました。
わたしはこのパンも、大好きです。

今日の写真はタルティーヌやクロックムッシュ、バーガーの
パーティバージョン。家でもこんなプチサイズでおもてなしができたら
楽しそうです。

今日のピックアップ: ブーランジェピシエ be【新宿】

|

April 18, 2007

ピエールさんのお店のプレースマット

ピエールさんのお店の、紙のプレースマット。
地図のまわりにあるのは、フランスの地方色ゆたかな料理です。
アルザスはシュクート(シュークルート)。
ちょっとドイツの味が入っています。
シュトレンもあって、でもドイツのものより軽いそうです。
昨日、アルザスのクリスマスの本をいただいたので、
これからゆっくり読んでみようと思います。

きのうわたしの隣に座ったパン職人さんは
最年少での参加。34歳にして2店舗のオーナー。
フロマージュブラン入りのパンがスペシャリテだとか。
もっともっと、お話を伺ってみたくなりました。

*

感想メッセージをくださった皆さま、ありがとうございます。
先日書いた日記の「普通のパン」に関して書いてくださったこと、
大変興味深かったです。
そのことについては、今度あらためてコメントしたいと考えています。

|

日本とフランスのパン職人の友好条約締結

青山のシェ ピエールで来日中のアルザスのパン屋さんのオーナーの組合と日本フランスパン友の会の懇親会があり、その場で友好条約が締結されました。

かねてからMOF職人、ジョセフ・ドルフェールさんに少しだけお話を伺っていたのですが、今晩それが具体化の一歩を踏み出したのです。
この条約はアルザスの職人組合の皆さんが、日本の若い職人を受け入れる準備があるということを表明するものでした。

これにより、日本の職人さんがアルザスの地で素晴らしい経験をして、日常のパンやパン屋さんのありかたについて自分なりの考えを持ち、パンのたのしみをたくさん日本に持ち帰ってくれることが予想できるので、うれしくなります。

ピエールさんの小さなお店はフランスのパン屋さんとマダムたち、Coupe du monde de la Boulangerie(ベーカリーワールドカップ)の歴代の選手をはじめ、日本のフランスパンの普及に力を尽くす人々で賑わい、飲んだり食べたり歌ったり、素晴らしく陽気で楽しい晩となりました。

パンと笑顔と、おいしい料理のある風景。
この雰囲気が、ゆたかなパン食文化のひとかけらなのだと思います。

そういうsomething goodがたくさん伝わっていきますように!

今日のピックアップ: シェ ピエール

|

美味しいドイツパン屋さん

来週またひとつ、美味しいパン屋さんがOPENします。
テストベーキングが始まると、わたしはいつも、ワクワクします。
きょうはずっしりとしたライ麦パンを4種類、いただきました。
OPEN前の微調整で少しずつ配合が違うのだそう。
サンドイッチに最適です。

取材に伺うのが楽しみです。

|

April 13, 2007

ハートをみつけた

先日のセミナーのレポート
「パンとはちみつの愉しみ」をUPしました。

シナモン、ナツメッグ、カルダモン、アニス、クローブなど
スパイス入りのはちみつケーキ「パンドエピス」は
スパイスをたくさん使うだけに好き嫌いがあるケーキ。

それで、スパイスが苦手の人のために
とヤマサキさんが用意してくださっていたのが
しっとりとしたフルーツケーキ、ケークオフリュイ。

そこにハートを発見。

今日のピックアップ: パンとはちみつの愉しみ

|

打合せの帰りにパン屋さんへ

たとえばTV番組でお店を案内するのは
さまざまな意味で、大変なことだ。
でも、友人など、特定の人をお店に
案内するのは楽しい。

建物から個性的だったりすると
ちょっとしたイベントのようになる。

吉祥寺で編集者と打合せがあって、そのあと
ダンディゾンにお連れした。

階段を下りていくときの
美味しい香りが、気持ちをはずませてくれる。


今日のピックアップ: ダンディゾン(4年前の記事)

|

April 10, 2007

普通のパン

今年の桜は長持ち。それとも、愉しむ余裕。
昨年の今頃を思えば……。

今日は都知事選のあとでお花見散歩に行きました。
いつも通らない道で、週末だけパンやお菓子を
焼いているらしいお店を発見したり
古くからあるパン屋さんに寄ったり
それは興味深いものでしたが、どちらにも
わたしの探していた普通のパンはなく……。

普通のパン。

先週実家に帰ったときに、母が
「そろそろ焼きあがる時間だから行きましょう」
と言って向かったのが、デパートの地下にある
パン屋さんでした。

そこで彼女は迷わず2斤、フランス食パン
とかいう名前のプレーンな山型食パンを
トレイにのせたのでした。

そういう普通のパンを探していたのですが。

母が好んで買うパンは幸せな朝食を
約束してくれそうな気がする。
実家のある町のデパートの地下の店の
そんなパンが、わたしにとっての「普通のパン」の
基本となっているのかもしれません。

最近のわたしは、普通を探しながら
普通とは何か、と考えこんでいます。

|

スープからエスプレッソまで

ようやく仕事がひとつ、一段落したので
乾杯をしに、近くの店へ。

いつも、その日のスープから始まって、
たくさんのんで、食べて、締めくくりに
エスプレッソドッピオ(ダブル)をいただくお店。

パンを使うという豆のスープはここで確信を得て
我が家でも定番となった。

スープのとろみにシンプルなパンを。

これもまたパンペルデュ、うしなわれたパンを
生き返らせる、ひとつの方法です。

|

April 03, 2007

おいしいパン屋さんにカフェOPEN

花散らしの雨。
鳥の声が聴こえてこない、しずかな朝です。

the EARLY BIRD cafeは
徳多朗さんのカフェ。
早起きさんのためのカフェでしょうか。


今日のピックアップ: 新しい記事をUPしました。

|

お花見とメッセージ

枝垂桜の向こうに、満開の桜。
近くの公園にお花見に行きました。

見事な風景を縮小するに忍びなく、きょうは
帰りに寄ったお店のアップルパイの写真にしました。
ここは、パティスリーですが、最近では
ヴィエノワズリの種類が増えたようです。

のどかな春の公園のベンチでは
楽しそうにおべんとうを食べる人々の姿。
こんな風景のなかでは、きっと何を食べてもおいしい。

*

メッセージをありがとうございます。

マロンさん、Coupe du monde 応援バッジの件
そうですね。振込みにしたいかたのための対応、
事務局にお願いしました。少々お待ちください。

はしもとみほちゃん、先日はお世話になりました。
早速ありがとうございます。皆さまによろしく。

fujiさん、ありがとうございます。
素敵な風景の中にいらっしゃるのですね。
わたしはきょう、いいものをたくさん見ました。

ZOPFテンチョ。楽しい時間はあっという間。
でも、たくさん楽しい計画を立てて、
たくさん持ちたいですね。楽しい時間。
ありがとうございます。

ほかにもたくさん、感想メッセージをくださった皆さま、
どうもありがとうございました。

この日記も5年目に入ります。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« March 2007 | Main | May 2007 »