« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

January 27, 2007

バジル・フランボワーズ

目のさめるようなあざやかな緑のバジルを
ちぎっているところを見て、どんなパンができるのかと思ったら
わたしの大好きなフランボワーズとチョコレートの組合せが
そこにプラスされて、ぐるぐるの渦巻きパンになった。

しかも六角形の渦巻きで、立てて見せる。
視覚と味覚に経験したことのない刺激をおぼえた。


今日のピックアップ: 新しい記事をUPしました

|

MOBAC SHOW

2月のMOBAC、クープ・デュ・モンドのブースで話をする
という大役を仰せつかってしまった。

どんな話を、どんな「パンと何かいいこと」について
話ができるだろう。

途方にくれながら、いま、見つめているのは
「情報としてパンのことを知る(識る)」のと
「パンが好き」なのと「パンのある暮らしをたのしむ」
ことの違い。

きょうはお酒の強い人たちと打合せをしながら
いつになくたくさんのんで真剣に話をして、帰った。

いつもこういうとき、最後に励ましあう言葉は
これからおいしいものを食べるときと同じに
enjoy!(たのしんで)なのかもしれないと思いながら。

|

きっと好きだと思う

ふき終えたテーブルの上に
冬枯れの木々や昼の月が映るのを
ぼんやり眺めていた。
時々、雲が流れていく。

FORETと書かれた瓶は森のハチミツ。
冬の重いパンに合う深い色。

同時進行していたいくつかの仕事が一段落したら
チカラがぬけてしまい、久しぶりによく眠り、
惚けていた3日間。

友達が「美穂子さん、きっと好きだと思う」
と言って本を貸してくれた。
なんて、うれしい。

その時の自分にとって絶対必要だったと
あとになって思えるような大事なことを
的確に気づかせてくれる友達の才能に
最近、感動している。

|

January 22, 2007

おいしいパン屋さんの職人募集

人気のパン屋さんの舞台裏は本当にタフでハード、
でも、人をたちまちのうちに幸福にしてしまう
おいしいパンのための素晴らしい仕事。

『おいしいパン屋さんのつくりかた』で取材した2軒のパン屋さんから
職人さん募集のお知らせをいただきました。


チクテ/ベーカリー

北村千里さんからのメッセージ。

製造経験のある男性。年齢不問。
チクテのパンが好きな方または天然酵母のパンを作りたい方。
(チクテのパンはお教えできます。)
製造のみではなく、販売、パンの梱包作業もいっしょに出来る方。
朝が早いので電車はむずかしいです。
できれば近くにお住まいの方がいいのですが、
しばらくの間の住居は有りです。
お店まで直接お電話ください。TEL 042-770-1514(18時〜20時のみ)

チクテ/ベーカリー
東京都町田市小山町3947-14


Pain D'artisan Nicolas

杉山洋春さんからのメッセージ。

パン屋と言う職業はとても過酷な職業です。
しかし、生きていく中でもっとも大切な”食”を提供でき創造できる
喜びにはロマンがあります。本気でやる気のある方、ご連絡下さい。
年齢、性別、経験不問。将来独立を目指す方のサポート有り。
応募はメールにて。pdn@lagoon.ocn.ne.jp
住所、氏名、年齢、電話番号、職歴等お書きの上お送り下さい。

Pain D'artisan Nicolas
茨城県守谷市松ヶ丘6-6-1アクロスモール守谷

|

January 17, 2007

Graziaとメッセージ

日麻さんは、Graziaのモデルをしている、美しい女性だ。
パン(とくにベーグル)が大好きで、時々メールのやりとりをする。

彼女はAll Aboutパンの読者の一人でもあって
今回コラムで紹介してくださった。

その紹介文を読んでいたら
胸がいっぱいになってしまった。

ありがとう。

自分が伝えられることについて、迷いもある日々ですが
日麻さんの言葉から、進んでいく勇気をもらいました。

*

同時に
この日記の読者の皆さまに
いつも、多くの方に支えられていることに
心から、感謝しています。

そのお返事となるようなsomething goodを
楽しみのきっかけとなりそうなものを
これからもたくさん書いていけたらと思います。

どうもありがとうございます。

今日のピックアップ: Grazia

|

ひとりで歩いていると

いまこうしてキーボードをたたいている
デスクの前はコンクリートの壁で
視線を上げると横に長い窓があって
そこから空や雲が、夜は月や星が見える。

そこで一日の大半を過ごしている。
と書くと、素敵な感じがする。

ただ、20時間起きているような日々が続くと
それは素敵なことには思えない。
少し、まいってしまった。

前がよく見えない。
足先を一歩ずつ、そっと踏み出すだけ。
誰もかわりに歩いてくれないから。

ここのところ、うれしかったことは
何人か久しぶりの友人からメールをもらったことだった。
皆、忙しくて普段連絡をとることはあまりないが
素敵な仕事をする人たちだ。

メールには近況と、いま抱えている問題と反省、
希望などの想いが綴られていた。

誰もがそれぞれの道を懸命に歩いている。

ひとりで歩いていると、たまに
わたしも報告したくなることがある。
そんな場合ではないのに。


今日のピックアップ: 新しい記事をUPしました

|

January 12, 2007

りんごとくるみのリュスティック

最近携わっているいくつかの仕事の関係で
毎日のようにチーズやハチミツやパンをテイスティング、
パンに合う小さな料理の試作などしています。

今日のお昼はレンズ豆の野菜スープと
山羊のチーズとパン。

山羊のチーズはドンクのチーズの会で
いろいろといただくうちに味覚貯蔵庫にストックされたのか
慣れてきて面白味を感じるようになってきました。

今日見つけたマリアージュはそのチーズ
シュヴレット デュ ポワトゥに
りんごとくるみのリュスティックの取り合わせ。

ワインは夜までおあずけです。

今日のピックアップ: りんごとくるみのリュスティックはここで買いました。

|

ビスコッティでテストベーキング

先日、ようやくオーブンに火をいれてみよう
という気持ちになり、十数年ぶりに買い換えた
新しいガスオーブンを使ってみました。
焼き心地は上々。

いつものビスコッティがいつも通りに焼けて
うれしかった。
遊びに来てくださったK夫妻への
いいおみやげになりました。

今年はパンが焼けるかな。

|

January 06, 2007

人気シェフが次の扉を開く前の話

最近、頑張る、というときにこの人のことを思い出します。
ただ闇雲に頑張るのではなくて、冷静に考えて動く。
魅力的なパン職人さんのお話を記事にしました。

今日のピックアップ: 人気シェフが次の扉を開く前の話

|

年越しの仕事

小さい食パンは2枚食べられるので、嬉しい。

年末から、春先に発売される雑誌の特集の仕事をしています。
よいものになるように、頑張ります。

|

今年一番美味しかったパン

2007年が始まって間もないですが
美味しいパンに出会いました。

それは明治屋さんのスペシャルフランスパン。
朝のトーストによく、けしの実のこうばしさが
なかなかです。

|

新年

あけましておめでとうございます。

今年はいつもより新しい気持ちで新年を迎えました。
毎日をそんなふうに過ごしていけたらと思います。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

*

お正月は着物で過ごしました。
大好きな人に会いました。
着物と家事とお酒を愉しむお正月でした。

|

« December 2006 | Main | February 2007 »