« 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 | Main | 遅く起きた朝のフレンチトースト »

September 07, 2006

9月に選ばれる小麦

ちょうどよく熟れた果物ではないけれど
手にしたときいい香りがたちのぼるパンがある。

ナイフをいれると半透明のクリーム色の生地が
あらわれて、しばし見入ってしまったのは
VIRONのプーリッシュドゥミ。

毎年9月に、200種類もの小麦から選りすぐられる
小麦粉が、職人の手を通過したあと
その色、香りと甘い穀物の味わいのパンが生まれる。

|

« 『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 | Main | 遅く起きた朝のフレンチトースト »

All About日記」カテゴリの記事